価値観が多様化し、様々なビジネスが次々と生まれる現代において、生活者の心を動かし行動を促すためには、​現代の生活者に対する深い洞察力と柔軟で幅広い表現力が必要です。博報堂は、世界をリードする圧倒的な​クリエイティビティで、統合コミュニケーション活動はもちろん、さまざまなメディア表現、プロダクトデザイン、体験設計などの​多彩なアウトプット、さらにはクライアントの経営課題をともに解決する今までにないクリエイティブを生み出していきます。​

国内からグローバルまで高い評価を受けた博報堂グループのクリエイティブ

国内賞・海外賞を数々受賞​

国内最大広告賞の「ACC CM FESTIVAL」、「JAA広告賞 消費者が選んだ広告コンクール」、「朝日広告賞」、「毎日広告デザイン賞」、「読売広告大賞」、「アジア太平洋広告祭(ADFEST)」他、数々の権威ある賞を受賞。​

タクティー ジェームス / 連続10秒ドラマ「愛の停止線」

ACC フィルム部門 Bカテゴリー グランプリ TCC賞

幸楽苑ホールディングス / 「32億円の赤字を1年で過去最高益レベルに~幸楽苑年間キャンペーン」

ACCマーケティングエフェクティブネス部門 金賞/JPMプランニング・ソリューションアワード プロモーショナルマーケティング大賞​​

やさいバス株式会社 / やさいバス​

​ACC クリエイティブイノベーション部門 総務大臣賞・ACCグランプリ、ブランデッドコミュニケーション部門Aカテゴリー ACCブロンズ/Spikes Asia2019 クリエイティブ・eコマース部門 クリエイティブ・eコマース(ゴールド相当)/ADFEST 2019 eコマース・ロータス部門 シルバー​

ソニー・ミュージックエンターテインメント​/amazarashi 武道館公演「新言語秩序」

ACC ブランデッド・コミュニケーション部門Aカテゴリー 金賞/Spikes Asia 2019 デジタルクラフト部門 ゴールド、デジタル部門 シルバー、モバイル部門 ブロンズ、デザイン部門 ブロンズ

高い評価を得た博報堂のクリエイター​

優れたクリエイターに与えられる「2018年クリエイター・オブ・ザ・イヤー賞 メダリスト」に博報堂グループから4名が選出されました。その他、個人を表彰する「TCC賞」「ADC賞」も複数受賞。​

「第66回カンヌライオンズ国際クリエイティビティ・フェスティバル2019」 金賞1、銀賞2、銅賞4(計7個)のメダル獲得​

国際広告賞の中でも最も権威のある賞。世界各国、約30,953点の応募の中から、博報堂グループが複数の部門をまたがり受賞を果たしました。日本で唯一の金賞となりました。​

「第22回アジア太平洋広告祭(ADFEST)2019」​

アジア太平洋地区で最も権威のある賞。博報堂グループが担当した作品が「ロータス・ルーツ」*賞と​26のメダル(金7、銀10、銅9)を獲得しました。​
*「ロータス・ルーツ(LOTUS ROOTS)」:アジア各国の伝統文化やインサイトに根差した作品に贈られる賞​

「スパイクス・アジア(Spikes Asia)2018」​

アジア太平洋地域の広告分野における創造性の発展と、アイデアと人的交流のプラットフォームを目指す広告祭。博報堂グループが担当した作品がグランプリ1、金賞4、銀賞9、銅賞10の計24個のメダルを獲得しました。​

​「Campaign Asia-Pacific」誌 Creative Agency of the Year 2018​

アジア最大の広告専門誌「Campaign Asia-Pacific」が広告会社を様々な側面から総合的に審査し選出するアワード。当グループのTBWA HAKUHODOが、「クリエイティブエージェンシー・オブ・ザ・イヤー(日本部門)」で金賞を受賞した他、計3つの金賞を受賞しました。また、TBWA HAKUHODO は、エージェンシーの 3 部門、個人/チームの 7 部門で受賞し、過去最多数の合計10賞の受賞となりました。​

​「第5回JACEイベントアワード」最優秀賞の「経済産業大臣賞」ほか、優秀賞を3つ受賞​

一般社団法人日本イベント産業振興協会(JACE)が主催する日本で唯一の総合的なイベントの表彰制度。博報堂グループが担当した作品が最優秀賞の「経済産業大臣賞」ほか、優秀賞3つを受賞しました。​​

​「JPM プランニング・ソリューション・アワード2019」​

日本プロモーショナル・マーケティング協会が主催する “生活者を購買行動に向けて実際に動かした優れたプロモーション”を表彰する表彰制度。博報堂グループが担当した作品がベスト3賞をはじめとした合計8つの賞を受賞しました。​​

CREATOR'S COVER

関連するニュース・記事