NEWS

博報堂、生活者の美容に関するSDGsアクションを広げるプラットフォーム「EARTH MALL BEAUTIES」の提供を開始  “サステナブルな美容クラスター”を活用して多様なプログラムを創出

2021.04.12
#SDGs

株式会社博報堂(本社:東京都港区、代表取締役社長:水島正幸、以下博報堂)の「博報堂SDGsプロジェクト」は、美容領域における生活者のSDGsアクションを企業とともに広げていくプラットフォーム「未来を変えるキレイを。EARTH MALL BEAUTIES(アースモールビューティーズ)」の提供を開始します。

SDGsの採択から約6年、化粧品や日用品などの美容に関わる業界でも、持続可能な社会に向けた取り組みが進んでいます。海外では環境を意識した化粧品が支持を集めるなど、生活者への浸透も進んでいます。日本国内でも美容領域における生活者の環境・社会配慮ニーズは加速していくと考えられ、企業各社の取り組みが注目されています。

博報堂は、SDGsの達成を「誰もが日常生活で行っているアクションから始めよう」というコンセプトのもと、生活者の行動をSDGsアクションに変えていくプラットフォーム「EARTH MALL」を展開しています。
このたび、その第三弾として、美容をテーマとしたアクションプラットフォーム「EARTH MALL BEAUTIES」を立ち上げます。生活者が意思を持って化粧品や美容商品を選択していけるように、美容に関わる多様なジャンルの企業と協働しながら、生活者が知り、選び、買うことをサポートするさまざまな機会をつくり、提供していきます。

「EARTH MALL BEAUTIES」では、オリジナルで開発した「サステナブルな美容クラスター」を活用します。独自実施の定量調査をもとに、化粧品などの美容購買時の環境意識や社会意識を分析し、生活者を5つのクラスターに分類したもので、『アース&カルチャー派』『安心ネイチャー派』『シンプル&ミニマム派』『エコ&スマート派』『メリハリ自己表現派』と名付けたクラスターごとに、購買行動や価値観、社会意識の特徴、構成比などを明らかにしています。

「サステナブルな美容クラスター」は、企業と協働して取り組むプログラム開発において全面的に活用していくほか、WEBサイトで生活者向けの診断コンテンツとして紹介し、日常の買い物のヒントを提供します。

博報堂SDGsプロジェクトは、美容の意識を変えることで未来を変えていくという目標のもと、「EARTH MALL BEAUTIES」を通じて具体的なアクションを広げていくことで、SDGs達成へ貢献してまいります。

>> 本ニュースリリースの詳細はこちらから

【EARTH MALL BEAUTIES WEBサイト】https://earth-mall.jp/beauties/

FACEBOOK
でシェア

TWITTER
でシェア

関連するニュース・記事