NEWS

博報堂生活総研[来月の消費予報・2021年1月](消費意欲指数)

2020.12.23
#リサーチ#消費意欲#生活総研#生活者研究

1月の消費意欲指数は、前月から大きく低下し 1月としては過去最低水準に。

株式会社博報堂(本社·東京)のシンクタンク博報堂生活総合研究所は、20~69歳の男女1,500名を対象に「来月の消費意欲」を点数化してもらうなど、消費の先行きに関する調査を毎月実施。その結果を「来月の消費予報」として発表しています。※12月上旬に調査

2021年1月の消費意欲指数は48.6点。前月比-6.3ptの低下、前年比±0.0ptで同スコアとなっています。

Point1 : コロナ再燃の影響から、消費意欲指数は例年より低水準に

クリスマスや年末などのイベントシーズンを終えた1月は、例年消費意欲指数が低下する月です。今年も前月から-6.3ptの低下となりました。また今月の48.6点は、9月の消費税増税の影響のあった前年と同じ値で、過去最低値だった2018年(48.5点)と同水準となっており、例年1月と比べると低めとなっています。

消費意欲指数の理由(自由回答)をみると、9月以降減少していた、消費にネガティブな回答(「今月までに使った反動で節約」など)は、5か月ぶりに増加に転じており(2020年9月1,048件→10月974件→11月957件→12月775件→2021年1月970件)、コロナ禍に関連する、消費にネガティブな回答(「コロナで外出・買物ができない」など)でも同様の傾向となっています(2020年9月376件→10月256件→11月178件→12月149件→2021年1月253件)。

また、消費意欲指数が50点を超えていた前々年1月と比べると、「新年・お正月だから」(2019年1月90件→2020年1月72件→2021年1月48件)、「セール・福引」(2019年1月176件→2020年1月136件→2021年1月81件)、「欲しいものがある」(19年1月123件→20年1月114件→21年1月87件)などが減少する一方、収入減、ボーナス減など「金銭的理由での節約・我慢」(2019年1月103件→20年1月84件→21年1月152件)が増加するなど、コロナ禍の影響が再び高まりつつあるようです。

Point2 : 消費意向も多くのカテゴリーで低下

「特に買いたいモノ・利用したいサービスがある」人の割合は、26.7%で、前月比-11.9ptと大きく低下、前年比は消費意欲指数と同様に増税の影響もあり、+0.6ptの横ばいとなっています。
カテゴリー別の消費意向については、前月増加していた「食品」「外食」「ファッション」を中心に、16カテゴリー中11カテゴリーで20件以上減少しています。

リリースの詳細はこちらから

FACEBOOK
でシェア

TWITTER
でシェア

関連するニュース・記事