NEWS

博報堂DYグループ「ショッパーマーケティング・イニシアティブ®」 リテールメディアに特化したワンストップ統合窓口 「リテールメディアONE™」を新設

2023.04.10
#DX#マーケティング

株式会社博報堂(本社:東京都港区、代表取締役社長:水島正幸)をはじめとする博報堂DYグループ12社横断の戦略組織「ショッパーマーケティング・イニシアティブ®」※1の取り組みとして、リテールメディアに特化したワンストップ統合窓口「リテールメディアONE™」を新設しました。
リテールメディアONE™は、複数のリテールメディアを横断した広告運用を可能とすることで、生活者に対する高いリーチを実現します。また、アプリ・デジタル広告・デジタルサイネージ等リテールメディアの多様なメニューにも対応。これまで分散運用されていたこれらのメディアをまとめて管理し、統合型リテールメディアとして再編・効率化を図ります。

リテールメディアとは、ECサイトのオンライン広告や店舗のサイネージ広告などの小売業が提供する広告媒体です。小売店の顧客基盤や会員システムなどをベースに、生活者の購買データや行動データなどの1stPartyデータを活用し、顧客一人ひとりに対し精緻なターゲティング・広告配信ができることが特徴です。プライバシー保護の観点からクッキー規制が広がるアメリカでも、3rdPartyクッキーに依存しない広告媒体として注目され、その市場規模は急成長しています。日本でも、小売各社が様々な企業と連携しながらリテールメディアの開発を推進するなど、今後の成長が期待されています。

こうした流れを受け、ショッパーマーケティング・イニシアティブ®ではリテールメディア市場のさらなる発展に貢献すべく、リテールメディアワンストップ統合窓口リテールメディアONE™を新設しました。

リテールメディアONE™は、リテールメディアの設計・開発からセールス、ストラテジー立案、運用や改善、クリエイティブまで広範な領域を博報堂DYグループの専門人材でカバーするワンストップ統合窓口です。流通小売各社のリテールメディアを束ねるリテールメディアネットワークを独自に構築することで、複数のリテールメディアを横断した広告運用と、生活者に対する高いリーチを実現します。また、アプリ・デジタル広告・デジタルサイネージ等、これまで分散運用されていた各メニューを統合的にプランニングし、運用の効率化と費用対効果の向上を目指します。

図:リテールメディアONE™が目指す姿のイメージ。リテールメディアネットワーク構築(縦軸)と広告運用・プランニング統合(横軸)を行う。

<リテールメディアONE™の提供サービス例>
・リテールメディアネットワーク構築基盤や技術等の提供
・複数のリテールメディアを統合したメディアプランの提案
・テレビCMをはじめとしたマス広告~デジタル~店頭までを統合したメディアプランの提案
・リテールメディアとマス広告等を掛け合わせたオンライン×オフライン統合型(OMO型)ソリューション「テレデジ・リテールONE™」※2の提供
・リテールメディアに適したコンテンツの開発・提供
・リテールメディアの特性に合わせた運用設計・体制の整備
・リテールメディアの特性に合わせたメジャメント指標の開発・レポートの標準化等

今後も、博報堂DYグループ横断戦略組織のショッパーマーケティング・イニシアティブ®ではリテールメディア開発・販売のための機能・体制の強化を継続的に行うとともに、日本におけるリテールメディア市場の創造・拡大に貢献して参ります。

※1 ショッパーマーケティング・イニシアティブ®は博報堂、博報堂DYメディアパートナーズ、博報堂DYホールディングス、デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム、アイレップ、博報堂プロダクツ、博報堂DYアウトドア、セレブリックス、エクスペリエンスD、バックスグループ、日本トータルテレマーケティング、グロースデータの12社で構成される「販促・コマース領域」に対するソリューション提供を行う戦略組織。
※2 テレビ・デジタル広告領域と、リテールメディアを活用して小売店舗への送客を行う販促領域、売場での商品陳列の最大化を狙う店頭領域を統合した広告・マーケティング業界初のフルファネル統合ソリューション。
テレデジリテールONE™ https://www.hakuhodo.co.jp/news/newsrelease/97140/
* ショッパーマーケティング・イニシアティブ®は、株式会社博報堂の登録商標です。

PDF版はこちら

FACEBOOK
でシェア

TWITTER
でシェア

関連するニュース・記事