NEWS

博報堂グループ、D2Cブランドビジネスの包括的支援を開始  ブランディングとECの知見を融合させ、開発から運営までのあらゆるニーズをサポート

2020.06.16

株式会社博報堂(本社:東京都港区、代表取締役社長:水島正幸、以下博報堂)は、博報堂グループ横断で、企業のD2C(Direct to Consumer)ブランドビジネスを包括的に支援する体制を構築しました。当社グループが強みとする「ブランディング」と「ECビジネス」の知見を高度に融合させながら、D2Cブランドの新規開発からビジネス設計、事業運営までのあらゆるニーズをワンストップで支援してまいります。

ECでの直接販売とソーシャルメディアでのコミュニケーションを前提に成長する「D2Cブランド」が、国内でも次々と登場しています。この潮流はスタートアップ企業が先行して作ってきたものですが、最近では大手メーカーがそのエッセンスを取り入れてブランド開発や運営を始めるケースも見られるようになってきました。さらに足元では、新型コロナウイルスの影響を受けて新たな販売方法を模索し、D2C事業やEC事業に本格的に取り組もうとする企業やブランドも増えています。
その反面、D2Cブランドの運営は「ブランドビジネス」と「ECビジネス」を同時に実現することが求められるため、マネージメントが非常に難しく、成功確率も低いという現実があります。

博報堂はこの課題を打破し、企業のD2Cへの挑戦を成功に導くことを目指して、博報堂グループ内のブランディングとECビジネスの専門性を結集した支援体制(名称:博報堂グループ・D2C統合ソリューションチーム)を構築しました。新たなビジネス機会の発掘、ブランド設計、ビジネス設計、商品設計、バリューチェーン整備、マーケティング戦略立案、店舗展開など、D2Cブランドビジネスに関するあらゆるフェーズ、あらゆるニーズの支援を行います。包括的な支援にも、一部分だけのご相談にも対応可能です。「D2Cブランドを新たに立ち上げたい」「すでにあるD2Cブランドをもっと成長させたい」など、企業の状況に応じて最適なサービスを提供いたします。

この体制は、博報堂社内の複数部門と、博報堂プロダクツなど博報堂グループ内の複数の会社が知見を掛け合わせるとともに、外部パートナーとして株式会社フラクタの参画を得ます。フラクタは数多くのD2Cブランドの立ち上げや運営コンサルティングの実績に加え、事業運営側としてD2Cブランドのグロースに関わった経験も豊富で、D2Cブランドビジネスの実践者として日本でも有数のプレイヤーです。

私たちはグループの強みである生活者発想を基軸に、生活者に求められるD2Cブランドのありかたを構想し、その実現に必要なすべてをご提案していきます。
私たち博報堂グループはこの取り組みを通じて、日本のD2Cブランドの発展に貢献してまいります。

<博報堂グループ・D2C統合ソリューションチームの詳細>

■サービスメニュー全体像
D2Cブランドビジネスに必要なあらゆる機能をワンストップで(一部のみでも)ご提供いたします。

■ニーズ別プログラム
D2Cブランドを新たに開発したい企業にも、すでにローンチしたD2Cブランドのさらなる成長を目指す企業にもご活用いただける、幅広いプログラムをご用意しています。

D2Cブランドを新たに開発したい
・D2C Key Success Factor ケーススタディ
・D2C ブランドデザインプログラム
・D2Cビジネス設計プログラム
・D2Cビジネス実装プログラム
・D2C実店舗出店・運営委託プログラム

すでにローンチしたD2Cブランドをもっと成長させたい
・D2Cビジネスヘルスチェック
・D2C事業運営トータルサポート
・D2Cブランドコミュニケーションプランニング

※ニーズ別プログラムの詳細はこちらから(PDF)ご覧ください。

■「博報堂グループ・D2C統合ソリューションチーム」体制
【博報堂】
マーケティングシステムコンサルティング局
ブランド・イノベーションデザイン局(博報堂ブランド・イノベーションデザイン)
データドリブンプラニング局
ビジネス開発局
【博報堂グループ】
SEEDATA
quantum
WHITE
博報堂プロダクツ
エクスペリエンスD
日本トータルテレマーケティング
博報堂ダイレクト
【外部パートナー】
株式会社フラクタ

>>本ニュースリリースのPDF版はこちらからご覧ください。

FACEBOOK
でシェア

TWITTER
でシェア