NEWS

ドン・キホーテを展開するPPIHと博報堂、リテールメディア事業における新会社「pHmedia」を設立
―消費者、メーカー宣伝部・事業部、メーカー営業部、小売業 “四方よし”の新たなリテールメディア事業の創造を目指す―

2023.12.21
#デジタル#マーケティング#消費

株式会社パン・パシフィック・インターナショナルホールディングス(代表取締役社長CEO:吉田 直樹、以下PPIH)と株式会社博報堂(代表取締役社長:水島正幸、以下博報堂)は、リテールメディア事業を展開する新会社「株式会社pHmedia(ペーハーメディア)、以下 pHmedia」を2023年12月22日に設立し、事業を開始いたします。

昨今、小売業が持つ購買データを活用したオンライン広告や店舗のサイネージ広告等、リテールメディアが国内外で注目を集め、市場は拡大しています。一方、広告主であるメーカーにおいて、現時点でのリテールメディアは営業部による小売業への営業活動の一環として利用されることが多く、宣伝部・事業部ではマーケティング活動の投資対象とならないことが多いため、その活用率は3割未満※に留まっています。
※出典:博報堂DYグループによる「リテールメディア総合調査」 https://www.hakuhodo.co.jp/news/newsrelease/105752/

このような市場背景をうけ、消費者、メーカー宣伝部・事業部、メーカー営業部、小売業が“四方よし”のリテールメディアの創造を目的に、新会社pHmedia の設立に至りました。

PPIHは、「顧客最優先主義」を企業原理とし、消費者との直接接点である店舗において、各店舗がそれぞれの商環境や顧客の動きを深く理解した上で、個店ごとに品揃えや価格を変化させ、「いつの時代もワクワク・ドキドキする驚安商品のある買い場づくり」を行っています。
博報堂は、「生活者発想」をフィロソフィーに掲げ、生活者への深い洞察を起点に、テレビ~デジタル~店頭までを一気通貫させたフルファネル型マーケティング・コミュニケーションを通じて、多くのメーカー企業のマーケティング課題解決の支援を行っています。

”個客商売のプロ”であるPPIHと”マーケティングのプロ”である博報堂の両社の知見を掛け合わせることで、消費者が買い場で商品を購入するアクションを起点に、認知・興味関心まで遡った「消費者の行動喚起に直結する、最適化された統合型のマーケティングおよび販促活動」が可能になります。
テレビ~デジタル~店頭まで一気通貫でコミュニケーション設計ができることに加え、PPIHが保有する幅広い商品の購買データから消費者像を読み解き、そこに博報堂のもつクリエイティブ力を掛け合わせることで、コミュニケーションの在り方を消費者が最も受け取りやすい形にアップデートします。その結果、広告主が伝えたい”商品の本当の魅力”が最短最速で消費者に伝わることを実現していきます。
pHmediaは、メーカー宣伝部・事業部、メーカー営業部、小売業をつなぐハブ役となり、消費者に最適なコミュニケーションを常に企画・実行することでメーカーのブランディングと売上向上を同時に実現させる、投資対効果の高い新たなリテールメディアの開発・提供を目指します。

これによりメーカーは、商品開発から物流・配荷、商談、広告・販促・CRM等に至るまで広義のマーケティング活動を購買データ起点で統合的に利用できるようになり、ブランドマーケティング&トレードマーケティング投資の最適化を実現することが可能となります。

pHmediaでは、PPIHが持つ国内・海外700店超の買い場網、国内では約1,300万ユーザーを持つ「majicaアプリ」から生まれる大規模購買データ、個店主義から生まれる個客理解力と博報堂の強みであるクリエイティブ・マーケティング力、メディア知見を融合させ、以下のような統合マーケティング&メディアソリューションを開発・提供します。

  • PPIHらしい”消費者がワクワク・ドキドキする”企画を通じて、メーカーのブランディング・売上拡大につながる統合マーケティングソリューションパッケージの企画・販売
  • テレビ~デジタル~店頭を連動させたフルファネル型リテールメディア統合商品/効果検証ソリューションの企画・販売
  • マスメディアやSNSと連動した棚づくり支援や、新商品開発/テストマーケティング支援ソリューションの開発・販売
  • PPIHの顧客・購買・商品データや博報堂の持つ生活者データ、メディアデータといった両社のデータ活用ノウハウを活かした新たなデータマーケティングソリューションの開発・販売
  • 博報堂のリテールメディアに特化したワンストップ統合窓口 「リテールメディアONE™」を通じて、pHmedia以外のリテールメディアとも組み合わせてリーチを拡大した上での統合的な販売

pHmediaは、広告・販促・CRM領域に留まらず、商品開発から、物流/配荷、営業商談まで、メーカーの幅広いバリューチェーンを支援するマーケティングソリューション・コンサルティングサービスの提供により、メーカー各社の事業課題解決を支援していくとともに、両社のシナジーによるリテールメディアの新たな価値創出を目指します。

■新会社概要
社名:株式会社pHmedia(ペーハーメディア)
事業開始:2023年12月22日
代表取締役: 奥田薫
取締役:小林真美、佐藤智施
所在地:東京都渋谷区道玄坂二丁目25番12号
事業内容
・リテール領域における統合メディアソリューションの企画、開発、販売、運営
・リテール領域におけるコンサルティング提供

FACEBOOK
でシェア

TWITTER
でシェア