お知らせ

【新刊発売のご案内】博報堂生活総研研究所 設立40周年記念書籍
『博報堂生活総研のキラーデータで語るリアル平成史』 ~19人の豪華有識者が「生活定点」で“平成”を斬る!~

2021.12.23
#データ#生活総研#生活者研究

株式会社博報堂(東京都港区、代表取締役社長:水島正幸)のシンクタンク、博報堂生活総合研究所
(所長:石寺修三以下、生活総研)はこのたび、『博報堂生活総研のキラーデータで語るリアル平成史』を出版しましたのでお知らせいたします。

本書は、生活総研が生活分野のあらゆる意識や行動、価値観など約1,400項目について、28年間聴取し続けているオリジナルの生活者調査「生活定点」のデータを題材に、総勢19名にもおよぶ各界の有識者にご執筆いただいたものです。
食、遊び、働き、家族、交際、消費・お金など多岐にわたるデータから、生活者の視点に立ったリアルな平成史と、データが示す未来を読み解く一冊となっています。

読者の皆さまが本書を通じて、平成とはどんな時代であったのか、そしてどんな未来が訪れるのか、さまざまなデータと共に想いを馳せていただけましたなら幸いです。

著者(五十音順)
家田荘子 石山蓮華 大木亜希子 小川さやか 熊代亨 倉田真由美
近藤那央 斉藤哲也 サヘル・ローズ 高橋弘樹 棚橋弘至 田村淳
為末大 常見陽平 鳥羽周作 豊田啓介 中川淳一郎 西田宗千佳
藤田結子

編集:博報堂生活総合研究所
仕様:新書判 224ページ
定価:1,188円(税込)
発行:星海社
書店発売日:2021年12月23日
Amazonリンク

【目次】

  • はじめに     データは「答え」か?「問い」か?
  • 為末大      信じる理由を求める時代
  • 大木亜希子    あのマウンティング男に今、愛と感謝のキスを
  • 田村淳      いつも常識をアップデートしていきたい
  • 斎藤哲也     リベラル・アーツよ、どこへ行く?
  • 中川淳一郎    平成の人間関係を一変させたインターネット
  • 鳥羽周作     インターネットとコロナ禍が変えた、伝達 「届けきる」をどう実現するか
  • 高橋弘樹     恥ずかしさで逃げ出したくなる、「野菜の煮物」なき社会
  • 藤田結子    「女性の手作り=愛情」はいつまで続く?
  • 棚橋弘至     プロレスに見る平成の考察
  • 倉田真由美    いくつになっても恋愛したい
  • 熊代亨      平成30年間の時代の変化とメンタルヘルス
  • 常見陽平     私たちは自由な働き方ができたのか
  • 豊田啓介     離散と流動
  • 石山蓮華     電線目線で折れ線を見る
  • 近藤那央     人の心をほぐし、繋げる“いきものらしいロボット”
  • 西田宗千佳    黄金期から苦難の時代、世界に翻弄された「ゲーム」というビジネス
  • 家田荘子     災害とスマートフォン、平成社会が心をどう変えたか?
  • サヘル・ローズ 心に育む、豊かなアナタを
  • 小川さやか    苦手な人びと、親しくない人びとに贈り物をしよう
博報堂生活総合研究所
「生活者発想」をフィロソフィーとする博報堂グループのシンクタンクとして1981年に設立。人を消費者だけにとどまらない多面的で主体的な存在「生活者」として捉え、独自の視点と手法で研究を続けている。主な活動は、生活者の変化を長期にわたって追う時系列調査や、生活者と暮らしの未来洞察のほか、近年はデジタル空間上のビッグデータをエスノグラフィの視点で分析する「デジノグラフィ」も推進中。その成果を、書籍、発表イベントやwebサイトを通じて広く社会に発信している。

本お知らせのPDF版はこちら

FACEBOOK
でシェア

TWITTER
でシェア

関連するニュース・記事