お知らせ

【プロジェクト】hakuhodo.movie(博報堂ドットムービー)

2016.12.14

動画は、感情につながり、記憶に残り、シェアされる強力なコンテンツです。ブランディングから販売促進まで、「人の気持ちを動かす」ソリューションとして企業のマーケティングコミュニケーションに欠かせない存在となっています。

hakuhodo.movieは、「動画統合ソリューション」のタスクフォース(専門集団)。動画の役割・手法・届け方・効果検証を常にアップデートし、TVCMからネット・イベント・店頭・デジタルサイネージまでの統合的な設計で、企業課題にワンストップでお応えしています。

博報堂、博報堂DYメディアパートナーズ、博報堂プロダクツ、デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム4社のそれぞれ得意とする「作る」「調べる」「届ける」「よりよくする」の専門家が連携し、心動かす動画視聴体験の創造と、マーケティング効果の最大化を目指します。

マルチスクリーンは、人々を、「視聴者」から「動画生活者®」へ変えました。

動画はもう、観るだけではありません。動画がきっかけで、ものを買う。使い方や買ったあとのサポートも、動画で済ます。動画でショーアップされたイベントを楽しみ、時には自ら撮った動画を投稿、仲間とシェアしたりする。動画で知り、動画で理解し、動画で好きになる。企業やブランド、商品と長く長く続く関係を築いていく。そんなふうに動画に積極的に関わり、つながる人々を、わたしたちは「動画生活者®」と名づけました。わたしたち「hakuhodo.movie」は、「動画生活者®」の行動をつぶさに観察し、彼らのインサイトを起点に、視聴と行動をデザインしていきます。※ 本当に届き、伝わり、行動を生み出す動画。企業やブランドのファンになる動画。実効性のある動画アプローチを開発・提供することが、わたしたちのミッションです。

博報堂DYグループ 4社横断の「動画統合ソリューション」hakuhodo.movie

ニュースリリース

hakuhodo.movieとビデオリサーチひと研究所が共同で「動画生活者®統合調査2020」を実施
ネット動画視聴の購買行動プロセスへの影響・効果を解明
~購買行動プロセスのステップそれぞれに効果的な視聴モーメント・尺・動画要素が存在することを発見~
(2021年2月8日発表)
>>ニュースリリースを読む
>>詳細な調査結果が載っている【付帯資料】を読む

博報堂、短尺デジタル動画に特化したエキスパートチーム「ULTRA SHORT」発足。~クラフト力・メディアプラニング力・PRナレッジで「短く・強く・効く」動画を制作~
(2020年9月11日発表)

>>ニュースリリースを読む

hakuhodo.movie 「動画生活者®統合調査2019」を実施 テレビ視聴もネット視聴も長い「テレビもネットも層」は消費意欲が6割と高い傾向
(2019年8月27日発表)

>>ニュースリリースを読む

博報堂、4社横断の動画統合ソリューションhakuhodo.movie「動画生活者®統合調査」を実施―動画生活者は、動画広告の平均視聴時間が10秒以上長い。非・動画生活者平均25.1秒に対し、動画生活者の平均は35.7秒。5人に1人は90秒以上の″超尺“も
(2017年12月20日発表)

>>ニュースリリースを読む

博報堂、4社横断の動画マーケティングタスクフォースhakuhodo.movie「動画生活者実態調査」を実施―動画は「見て楽しむ」から「使いこなす」時代へ。「動画生活者」の出現 推計人口約3,800万人
(2017年2月27日発表)

>>ニュースリリースを読む

お問合せ

博報堂WEBサイトの「各種お問合せ」内の該当フォームからお問い合わせください。
(文中に「hakuhodo.movie」へのお問い合わせと記載して頂くとスムーズです。)

FACEBOOK
でシェア

TWITTER
でシェア