お知らせ

博報堂DYホールディングス、ARクリエイティブスタジオMESONと共同研究契約を締結 ―研究成果発表第一弾として、神戸市でARクラウド技術の体験デモ展示

2019.03.29
#データ#テクノロジー

株式会社博報堂DYホールディングス(東京都港区、代表取締役社長:戸田裕一、以下博報堂DYホールディングス)は、株式会社MESON(東京都渋谷区、代表取締役社長:梶谷健人、以下MESON)とARクラウドを軸とした体験拡張時代の行動や、体験拡張を実現する基盤となる技術についての共同研究契約を締結いたしました。
共同研究の成果発表の第一弾として、2019年4月27日〜29日に神戸市にて行われるクロスメディアイベント「078kobe」にて、ARクラウド上で複数ユーザーが仮想オブジェクトを用い、都市開発を行うARクラウド技術の体験デモ展示を行います。

ARクラウドとは、現実世界の物体のデータ(=点群データ、位置データ)をクラウド上に保存、保持し、共有できる技術です。この技術により、従来は一人に閉じられていたAR体験が、複数人で同時に共有できるようになり、同じ位置に存在する仮想オブジェクトを同時に操作できるなど、よりソーシャル性の高いAR体験が可能になるだけでなく、仮想空間が新たなコミュニケーションの場に進化すると期待されています。

「078kobe」で展示される体験デモでは、このARクラウド技術を用いて、未来の神戸市を複数人で一緒につくりあげる都市開発のシミュレーションを体験いただけます。自分の好きな建物を仮想空間に配置しながら、参加しているプレイヤー間でリアルタイムなインタラクションを行うという、ARクラウドによって初めて可能となった仮想空間におけるコミュニケーションを、ぜひ体験しにいらしてください。

今後も博報堂DYホールディングスでは、ARを核とした体験のプランニング・開発を行うMESONと共に、AR技術を用いた新たな顧客体験装置のプロトタイピング・UX開発、および開発に関わる技術検証を続け、社会に新しい価値を届けられるよう、先端テクノロジーを活用した新たなソリューション開発を目指します。

※「078kobe」
「若者に選ばれ、誰もが活躍するまち」神戸を実現するため、未来に向け魅力と活力あふれる都市として発展する神戸を発信するための新たなクロスメディアイベント。エンジニアが集い、交わることで創りあげる参加型フェスティバルです。 初回となる2017年は36,500名、2018年は75,300名が国内外から参加。都市で楽しむ「音楽」「映画」「アニメ」「ファッション」社会変化を加速させる「IT」、上質な「食」文化、次世代の「子ども」をテーマとしたものを掛け合わせ、ライブ、カンファレンス、展示会(トレードショー)を組み合わせた実験的・国際的な集約点を目指します。
https://078kobe.jp/

【078kobeイベント開催期間】 2019年4月27日(土)〜4月29日(月・祝)
【当ARクラウド技術デモ展示期間】 2019年4月28日(日)〜4月29日(月・祝)
【当ARクラウド技術デモ展示場所】 デザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO) (神戸市中央区小野浜町1-4)

___

■株式会社MESONについて
2017年9月設立。ARを軸とするクリエイティブスタジオ。
「事業プランニング」「ユーザー体験デザイン」「テクノロジー」を軸にARなどの体験拡張技術を用いたサービスを創造する会社です。拡張された体験をいかに人々の生活に浸透させるか。その答えを様々なパートナーと組みながら追い求めています。
https://www.meson.tokyo/

PDF版はこちら

FACEBOOK
でシェア

TWITTER
でシェア