THE CENTRAL DOT

ヒット習慣予報 vol.180 『進化系セラピー』

2021.08.03
#トレンド

こんにちは。ヒット習慣メーカーズの村山です。

本格的に夏が到来し、うだるような暑さが続いていますが、いかがお過ごしでしょうか。
今年の夏は引き続き自粛生活が続くことになり、なかなかお出かけもできない日々が続いていますが、1年以上続く自粛生活に自分でも気づかないうちに「精神的な疲れ」が溜まっている人もいらっしゃるかもしれません。

そのような中、「精神的な疲れ」を癒やしてくれる「セラピー」に、科学やテクノロジー、ファッションなど様々な切り口で進化の兆しが見えている、というのが今回のテーマ「進化系セラピー」です。

Googleトレンドで「メンタル」と調べてみると、コロナ禍前から緩やかに上昇傾向にあったものの、2020年のコロナ禍以降大きく上昇していることがわかります。ストレスを強いられる環境下にあることが影響してか、アメリカではロックダウンがはじまった2020年春からの1年間で、6人に1人が新しく心理カウンセリング、つまりセラピーをはじめたという統計もあるようです。

出典)Googleトレンド

そんなセラピーですが、以前は対面でセラピストのところに出向き、対峙して相談や診療を行うのが通常でしたが、アプリを使っておうちでも簡単に体験できる仕組みが広がっているようです。セラピストにアプリを通じて訪問してもらえるサービスだけでなく、対面せずにアプリを通じてライブチャットでセラピーを実施できるサービスや、メンタルヘルスのサービスをロボットAIが実施してくれるサービスまであります。(そういえば、昔AIと恋に堕ちる映画があったなあ、と思い出しました。)また、対面のセラピーだけでなく、アメリカで人気の「瞑想」アプリも日本に上陸するなど、癒やしのDX化とも言える動きが今後日本でも進んでいきそうな気がします。

また、意外な方法で「セラピー」効果を得る事象として「ファッションセラピー」にも注目が集まっているようです。あるファッション通販アプリの2021年秋冬のレポートでは、ニュートラルなトーン以上のアイテムを提供するブランドに対する消費者の関心が高まっていると書かれているだけでなく、実際にカラフルな色使いのブランドの服がよく売れ始めている傾向があるそうです。この効果は以前から心理学では「ドーパミンドレッシング理論」として注目されてきたようで、様々な研究がされているようですが、幸福度や癒やし/心理状態と服は一定の関係があり、今後アフターコロナに向けた「セラピー」としてファッションが新しい意味や役割をもっていくかもしれません。

他にも、文字を紙に書くだけで心を癒やすことができる「ジャーナリング」という方法もあるようです。ある時間の中で自分が興味・関心をもっている、前向きになれるテーマについて紙に書き出し、それを読むことを繰り返し、自分の内面にあることを理解して癒やす行為で、専用のアプリもあるようなので興味のある方は検索してみてください。

ここまでいくつか事例をご紹介してきましたが、「セラピー」というと明らかな疾患などをかかえた人が専門的なセラピストに対して実施するような今までとは違い、「進化系セラピー」によってよりカジュアルに意外な接点で癒やしやセラピーが新しい価値として付加されてきていることがわかりました。コロナ禍という時代から、新しい時代にむけて一歩を踏み出す際には、一つの強さを求めるのではなく、多様な弱さと向き合うことも社会から求められているのではないかと思いました。

最後に、「進化系セラピー」のビジネスチャンスについて、少し考えてみたいと思います。

「進化系セラピー」のビジネスチャンス例
■ 自分の心理状況をカウンセリングして最適な服をレコメンドしてくれるサービス
■ 住空間を「癒やし」の視点でコーディネートしてくれるインテリアサービス
■ 科学的に立証された「癒やし」を提供する新しい旅行サービス

僕も今年のはじめから植物沼にはまり、様々な変わった植物をネットで検索しては探し回る日々を過ごしていますが、植物だけでなく自身が普段着る服や家具、移動手段などあらゆるものを癒やしやセラピーと言う視点で見直して見ようかなと思いました。

▼「ヒット習慣予報」とは?
モノからコトへと消費のあり方が変わりゆく中で、「ヒット商品」よりも「ヒット習慣」を生み出していこう、と鼻息荒く立ち上がった「ヒット習慣メーカーズ」が展開する連載コラム。
感度の高いユーザーのソーシャルアカウントや購買データの分析、情報鮮度が高い複数のメディアの人気記事などを分析し、これから来そうなヒット習慣を予測するという、あたらしくも大胆なチャレンジです。

村山駿(むらやま・しゅん)
PR局

車からお菓子に至るまで様々なクライアントの情報戦略、企画立案に携わる。運動不足でたるみきった体と気持ちを鍛え直したいと思い、筋トレを始めました。

FACEBOOK
でシェア

TWITTER
でシェア

関連するニュース・記事