博報堂こそだて家族研究所*1は、インターネット広告・メディア運営事業の株式会社インタースペースと協働で、インタースペース社が運営するママ向けコミュニティサイト「ママスタジアム*2」(http://mamastar.jp/)にて、「ママリサ~いまどきママリサーチ~」を行っています。この度、いまどきのこそだて世代における「ママの本音に関する意識実態調査」を行いました。ママといえども、ひとりの人間。誰にも言えない悩みあり、うちに秘めた気持ちや欲望あり。いまどきママたちのそうした裏側はどんなものなのでしょうか。以下、調査結果の主なポイントをご紹介します。

<調査結果のポイント>
■「自分がしたいこと」と「子どもがやりたいこと」の優先比率は、「子ども優先」が約7割。
■「『子どもを生まなければよかった』と思ったことがある」ママは約4割。複数回あるというママは3割超える。
■「『離婚』を本気で考えたことがある」ママは、約8割(既に離婚済み含)。「今まさに考えている」は1割を超える。
■ママたちの「悩み」TOP3は「両親(義理の両親)とのかかわり(33.4%)」「セックスレス(20.1%)」「夫のモラハラ(19.9%)」。次いで「育児うつ」が17.2%。
■ママたちの「欲求」は満たされているかー「生理的欲求」は1割強、「安全欲求」は約3割が満たされておらず、「社会的欲求」「承認欲求」は5割前後、「自己実現欲求」は約6割が満たされていない。「0歳児ママ」は「生理的欲求」「自己実現欲求」の満たされ度は他の年齢の子どもを持つママよりも低いが、「自己承認欲求」の満たされ度は高い。
■ママたちの「欲求」はどこに向いているのかー「一番欲しいもの」TOP3は、「自由に使えるお金(33.2%)」「安定した仕事や収入(24.9%)」「自分のための自由な時間(21.1%)」。お金と時間の自由が欲しい。

*1「博報堂こそだて家族研究所」
http://www.hakuhodo.co.jp/archives/announcement/24207
晩産化・少子化、共働き世帯の増加、夫や祖父母の育児参加など、近年大きく変わってきた「こそだて家族」を研究する専門組織です。「妊娠期から小学生の子どもを持つ家族」を対象にした研究調査、企画立案などを行っています。

*2「ママスタジアム」 http://mamastar.jp/
月間800万人以上のユーザーに利用される日本最大級のママ向け総合情報サイト。
育児や家族に関することから、話題の社会問題やファッション・美容までママの日常を取り巻くあらゆることについて活発な情報交換がなされています。 またママに役立つコラム、気になる情報を編集部がママ目線で日々配信しています。

詳細はこちら