アジア最大の広告専門誌『Campaign Asia Pacific』が主催するアワード「2018年エージェンシー・オブ・ザ・イヤー」において、博報堂グループのTBWA HAKUHODOが、「クリエイティブエージェンシー・オブ・ザ・イヤー(日本部門)」で金賞を受賞し、8度目の受賞となりました。また、同社のデジタルチームTBWA HAKUHODO “Digital Collective”も「デジタルエージェンシー・オブ・ザ・イヤー(日本部門)」の金賞を受賞、2冠を達成しました。また博報堂グループのIdeasXMachina Advertising(フィリピン)が、「ベスト・カンパニー・カルチャー(東南アジア)」の金賞を受賞しました。

当アワードは、東南アジア、日本/韓国、中華圏、南アジア、オーストラリア/ニュージーランドの5つの地域別に、広告/コミュニケーションビジネスにおける実績をCampaign Asia Pacific誌が独自に評価するものです。

TBWA HAKUHODOは、エージェンシーの3部門、個人/チームの7部門で受賞し、過去最多数の合計10賞の受賞となりました。

TBWA HAKUHODOチーム
IdeasXMachina Advertisingチーム

PDF版はこちら