博報堂こそだて家族研究所*1は、インターネット広告・メディア運営事業の株式会社インタースペースと協働で、インタースペース社が運営するママ向けコミュニティサイト「ママスタジアム*2」(http://mamastar.jp/)にて、「ママリサ~いまどきママリサーチ~」を行っています。この度、乳幼児を持つママの共通の悩み「子どもの睡眠・寝かしつけ」について調査を行いました。大人の「睡眠負債」が話題になりましたが、いまどきママたちは、我が子の「睡眠」についてどう捉えているのでしょうか?以下、調査結果の主なポイントをご紹介します。

<調査結果のポイント>
■3歳未満の子どもを持つママ達が、子育てをする中で最も悩んでいるのが「子どもの睡眠」
■7割以上のママが寝かしつけにストレスを感じ、6割以上のママが寝かしつけに悩んでいる
■子どもの寝かしつけができる「パパ」が半数以上。一方で、主に寝かしつけるのは「ママ」が94.4%
■寝かしつけにかかる時間、30分以上が6割、60分以上が15.6%、子どもの寝る時間は22時以降が3割超える
■寝かしつけ方法は、1位「寝たふり(54.4%)」、2位「見守る(52.7%)」、3位「自分も寝る(52.0%)」と古典的

*1「博報堂こそだて家族研究所」 http://www.hakuhodo.co.jp/archives/announcement/24207
晩産化・少子化、共働き世帯の増加、夫や祖父母の育児参加など、近年大きく変わってきた「こそだて家族」を研究する専門組織です。「妊娠期から小学生の子どもを持つ家族」を対象にした研究調査、企画立案などを行っています。

*2「ママスタジアム」 http://mamastar.jp/
月間900万人以上のユーザーに利用される日本最大級のママ向け総合情報サイト。
育児や家族に関することから、話題の社会問題やファッション・美容までママの日常を取り巻くあらゆることについて活発な情報交換がなされています。 またママに役立つコラム、気になる情報を編集部がママ目線で日々配信しています。

詳細はこちら