NEWS

博報堂生活総研[来月の消費予報・2021年6月](消費意欲指数)

2021.05.26
#リサーチ#消費意欲#生活総研

コロナ禍の長期化と感染者増が影響し、消費意欲指数は6月として過去10年の最低値に

株式会社博報堂(本社·東京)のシンクタンク博報堂生活総合研究所は、20~69歳の男女1,500名を対象に「来月の消費意欲」を点数化してもらうなど、消費の先行きに関する調査を毎月実施。その結果を「来月の消費予報」として発表しています。※5月6-10日に調査(詳細はP5)
2021年6月の消費意欲指数は45.2点。前月比-2.4pt、前年比-2.6ptと、ともに低下しました。

Point 1 : コロナ禍の長期化と感染者増も重なり、消費意欲指数は前月から低下

例年6月は、大型連休と夏休みの狭間で消費意欲指数が低下する月ですが、今年は前月比・前年比ともに低下し、6月として過去10年の最低値となりました。消費意欲指数の理由(OA)を前月と比べると、連休や季節催事が少ない6月らしく「季節柄の出費や意欲向上(21年5月129件→21年6月59件)」が大きく減っているのに加え、「自粛要請/緊急事態宣言のため(5月91件→6月123件)」など、コロナ禍に関する消費にネガティブな回答が増加しています。

感染者数増加に伴う緊急事態宣言の延長や地域拡大などが、前月からの消費意欲の低下を大きくしているようです。

Point 2 : 自粛の反動による消費が一巡し、前年比でも消費意欲減退

前年6月は自粛の反動による消費意欲の高まりで、指数は過去5年の最高値でしたが、今年はその反動も落ち着いたようです。消費意欲指数の理由を前年と比較すると、「反動で買い物や外出したい(20年6月80件→21年6月21件)」や「(コロナで)我慢しているので消費したい(20年6月51件→21年6月5件)」は前年から大きく減少しています。さらに、「コロナの状況が緩和・収束しそう(20年6月40件→21年6月8件)」といった、コロナ収束に期待する回答も減っています。

コロナ禍が1年以上に長期化し、自粛の反動による消費が一巡したうえに、コロナ収束への期待も持てず、例年以上に消費意欲が落ち込んでいることがうかがえます。

Point 3 : 消費意向は外出関連カテゴリーで前年比減も、必要度の高いものは健在

「特に買いたいモノ・利用したいカテゴリーがある」人は27.7%で、前月比+0.6ptと横ばい、前年比は-3.5ptと低下しましたが、6月としては過去5年で前年に次ぐ高さです。カテゴリー別の消費意向では、前年と比べて「外食」「理美容」「旅行」「レジャー」など外出関連のカテゴリーが20件以上減少していますが、前月と比べると「日用品」「理美容」は20件以上増えています。続く自粛生活で外向きの消費は減っていますが、日常生活で必要度の高いカテゴリーへの消費意向は健在のようです。

詳細はこちらから。

FACEBOOK
でシェア

TWITTER
でシェア

関連するニュース・記事