お知らせ

Spontenaと日立コンサルティング、資本業務提携のお知らせ

2020.03.16
#AI

株式会社Spontena

Spontenaと日立コンサルティング、資本業務提携のお知らせ
チャットボットが実現する高品質なユーザ体験と新たなビジネスモデルの創出に向け連携

博報堂グループである株式会社Spontena(本社:東京都港区、代表取締役社長: 大堂充久/以下、Spontena)、ならびに株式会社日立コンサルティング(本社:東京都千代田区、代表取締役 取締役社長: 八尋俊英/以下、日立コンサルティング)は、本日、資本業務提携契約を締結しました。日立コンサルティングが、Spontenaの行う第三者割当による新株式の発行に応じ、同社が発行する株式の9.1%を保有することとなります。
本契約の締結により、今後、Spontenaの持つチャットボット技術と、日立コンサルティングの展開するデジタルコンサルティングサービスとのシナジーにより、高品質なユーザ体験を実現する新たなデジタルサービス事業の創出に取り組んでまいります。

■資本業務提携の目的
Spontenaは、人手不足やコスト削減などの顧客課題をチャットボットの活用で解決するサービスを提供しており、独自の自然言語処理エンジンをはじめ、会話サービス開発に必要な自然言語処理技術を幅広く扱っています。その自然なコミュニケーションノウハウは、実用化・商用化が進むチャットボット技術の中でも特に高い評価を受け、国内でも様々な産業カテゴリの企業で導入実績があります。

OT(Operational Technology)、IT(Information Technology)およびプロダクトを組み合わせた社会イノベーション事業に注力する日立グループのコンサルティングファームである日立コンサルティングでは、働き方の質の改善につながる会話型インタフェース活用の事例として、2018年より、RPA(ソフトウェアロボット)活用ノウハウとSpontenaのチャットボット技術を掛け合わせた会話型アプリによる勤休管理システムや経費精算システムの社内運用を段階的に実施し、その有用性を検証してまいりました。

今回、両社の関係をさらに深め、ユーザーエクスペリエンス視点からのコミュニケーション設計によるアプリ開発に強みを持つSpontenaと、経営・IT・業務基盤の改革や全社的なデジタル戦略策定に強みを持つ日立コンサルティングのシナジーによって、今後、さらに社会や企業の多方面において、社会課題の解決や業務の効率化に繋がるデジタルサービスを創出していくことを目的に、資本業務提携いたしました。

■資本業務提携による今後の展開
この度の資本業務提携により、相互の顧客へのサービス提供における連携を推進するとともに、人財交流を積極的に行い、両社の強みを活かしたデジタルサービスの開発・提供を進めてまいります。

今後、より実際の人間同士のコミュニケーションに近い高品質なユーザ向けデジタルサービスを開発・提供していくとともに、蓄積したデータを分析・活用し改善に繋げる運用プロセスの高度化を図ってまいります。さらに、ユーザとのコミュニケーション上の仕掛けだけでなく、企業の根幹となる業務プロセスや基幹システムまでをシームレスに繋げた仕組みを提供することで、バリューチェーン全体を視野に入れた企業のデジタル変革を支援する、新たなサービスデザインやビジネスモデル創出を図ります。

そして、これらのサービスを、社員のパフォーマンスや健康促進、長時間労働縮減といった働き方改革の領域や、人手不足や若年層のニーズへの対応が必要なサービス業の領域、地域毎の教育格差の是正が必要な教育分野等、多方面の業界や領域において適用・展開していくことで、顧客や社会課題の解決に貢献してまいります。

詳細はこちら

FACEBOOK
でシェア

TWITTER
でシェア