書籍・雑誌

書籍

新刊

一覧

20141210

「個性」はこの世界に本当に必要なものなのか
著 者:東京大学教養学部、博報堂ブランドデザイン 共著
判型: 新書判(192ページ)
定 価: 810円(税込)
発行: 株式会社KADOKAWA
アスキー・メディアワークス
書店発売日: 2014年12月10日(水)

「個性」はこの世界に本当に 必要なものなのか

ブランディングにおいて、「個性=(商品/企業)らしさ」はブランドを構成する重要な要素です。博報堂ブランドデザインは、企業やチームのブランディングに関わるプロフェッショナルチームとして、学問、ビジネス、生活の局面においてさまざまな捉え方をされている「個性」の実態に迫りました。

当書は「個性」が学問の領域によってどのように捉えられているか、統計学、認知神経科学、文献学、生態学、物理学、哲学、政治学、天文学、言語学の9つの分野の最先端の研究者にインタビュー取材を実施しています。それぞれの学問分野において、個性がどう位置づけられているか、あるいは個性がどんな役割を果たしているのかを問うことで、それらを一貫する「個性というものの普遍的な価値」を浮き彫りにしています。

その上で真船文隆氏(東京大学教養学部教授)と宮澤正憲(博報堂ブランドデザイン代表)が「個性はこの世界に本当に必要なものなのか」という疑問をテーマにディスカッションをおこなっています。

ringo

『こどもごころ れんしゅう帖 リンゴをほめるだけでアイデアが豊かになる本』
著者:博報堂こどもごころ製作所
判型:特殊判型判
ページ数:128ページ
定 価:1,480円(税別)
発行:技術評論社
書店発売日:2014年11月22日

リンゴをほめるだけでアイデアが豊かになる本

本書は、「思い込み」や「感覚より理屈」といった「大人の枠」にしばられ、仕事で「アイデアが広がらない」、「ありきたりな決断をしてしまう」、「自分の直感を信じられない」といった状態、あるいは「毎日なんだか楽しくない!」などとモヤモヤを抱えた「こどもごころ」を忘れてしまった方に、「こどもごころ」をよみがえらせるためのワークを紹介しています。
「こどもごころ」には、日本人が本来持っていた豊かな感性や五感、さらに子どもが持っている常識に捉われないやんちゃな気持ちや冒険心、遊び心などの意味合いが込められています。「こどもごころ」は、「大人の枠」によって深く眠っているだけで、本来だれもが持っているものです。収録している15種類のワークで「こどもごころ」が起動する5つの力を引き出していきます。

shinotona book

『50歳を超えたらもう年をとらない46の法則』
 著者: 博報堂 新しい大人文化研究所 所長 阪本節郎
 判型: 新書判
 ページ数:217ページ
 定価:880円+税
 刊行:2014年9月22日
 発行: 株式会社講談社
 書店発売日:2014年9月22日(月)
 

50歳を超えたらもう年をとらない46の法則

博報堂新しい大人文化研究所は、年を重ねるごとに前向きな意識を持つ、中高年生活者を「新しい大人」と名づけ、少子高齢化社会にプラスのインパクトを与える重要な存在として、調査・研究を行ってきました。
本書では、当研究所の前身であるエルダービジネス推進室設立から14年間にわたり重ねてきた調査結果を元に、これまでにない大きな変化が起きている新しい大人世代を客観的に分析しています。

oonojin

『大野人』
著者:COMMUNITY TRAVEL GUIDE編集委員会
刊行:2014年7月20日
出版社:英治出版

大野人 -結の故郷 越前おおの 人々に出会う旅-

福井県大野市、通称「越前おおの」エリアの住民「大野人」約100名が登場する旅のガイドブックです。
大野人の中には、「結」の精神が根づいています。人とのつながり、絆を大切にする、少しシャイだけど優しい笑顔の大野人たちに数多く出会えます。また、日本有数の美しい、美味しい水があふれる街でもあり、夏のホタル、冬の雪景色、米・そば・日本一の里芋などなど、水の美しさ、美味しさを実感できます。「越前おおの」での様々な幸せな出会いをサポートします。COMMUNITY TRAVEL GUIDEシリーズ『海士人』『福井人』『三陸人』に続く第四弾。

ozawa

『おざわせんせい』
編者: 博報堂「おざわせんせい」編集委員会
判型: B6判ハードカバー
ページ数: 256ページ
定 価: 1300円+税
発行: 集英社インターナショナル
発売日: 2014年4月25日(金)

おざわせんせい

本書は、エグゼクティブクリエイティブディレクター・小沢正光が発してきた「ことば」を、博報堂の社内資料としてまとめたものを再編し、書籍化したものです。博報堂社内でも有名な小沢の発する「ことば」は、一撃必殺・ことばの宝庫であり、博報堂の社員を鍛え育ててきた力があります。また、そのひと言、ひと言に、仕事のヒント・思考のヒントが詰まっています。

 

 

20140416

『買わせる発想 相手の心を動かす3つの習慣』
著 者: 博報堂コンサルタント 岡田 庄生
判型: 四六判
ページ数:194ページ
定 価: 1,000円(税別)
発行: 講談社
発売日: 2013年4月10日

買わせる発想

自社の商品をいかに売り込むかという「売り込む発想」から脱却して、顧客の心理を読み解き、自らの意思で買いたくなるような「買わせる発想」に転換するために必要なポイントについて解説しています。

世の中では、日々の経験からくる思いこみと実際の価値観が知らず知らずのうちに離れて行ってしまっていることに気付かず、惰性のマーケティングや営業に陥ってしまう例が多く見受けられます。「新商品アイデアがいつもボツになる」「商談でよく、商品のベネフィットがわかりにくい、と言われる」そんな悩みには実は、「売り込む発想」のクセが隠されています。スペック依存発想、表層的なターゲットの切り分け、フレームワーク発想などの「発想のクセ=罠」から脱却し、相手の心を動かし、買わせる発想を促すための「3つの習慣」を具体的なケースと共に紹介しています。

hyoushi

『経営はデザインそのものである』
[著書] 博報堂コンサルティング
HAKUHODO DESIGN
[出版社] ダイヤモンド社
[判型/造本] 46並製 
[頁]292頁
[発売日] 2014年3月27日

経営はデザインそのものである

株式会社博報堂コンサルティングと、株式会社HAKUHODO DESIGNの両社社長の首藤明敏、永井一史ら、日本を代表するコンサルタントとデザイナーが両者の視点を掛け合わせて、デザインという方法論を企業経営の手法として昇華させ、実務で活用できるフレームワークにまで落とし込んだ新しい経営書です。

sanrikujinhyoshi

『三陸人』
著者:COMMUNITY TRAVEL GUIDE編集委員会
刊行:2014年2月22日
出版社:英治出版

三陸人 -震災復興を頑張る人を応援する旅

岩手県宮古市から宮城県石巻市までの三陸エリアの住民「三陸人」約300名が登場する旅のガイドブックです。東日本大震災から丸3年が経過し、まだまだ復 興は道半ばですが、被災地のインフラは徐々に整いつつあります。今、私たちが気軽に取り組める復興支援の活動、それが現地を訪れ、人と交流し、食事を楽し む素敵なものを購入するという「観光」です。本書は、復興に向けて頑張り、三陸ならではの旅の楽しみを提供してくれる三陸人と旅行人の素晴らしい出会いを サポートします。COMMUNITY TRAVEL GUIDEシリーズ『海士人』、『福井人』に続く第三弾。

20140130

『ヤンキー経済 消費の主役・新保守層の正体』
著 者: 博報堂ブランドデザイン若者研究所 原田曜平
発行: 幻冬舎
書店発売日: 2014年1月30日

ヤンキー経済 消費の主役・新保守層の正体

若者をテーマに消費行動やライフスタイルの研究、若者向けマーケティングをおこなう専門組織「博報堂ブランドデザイン若者研究所」は、『ヤンキー経済 消費の主役・新保守層の正体』を発売いたしました。
今の「消費をしなくなった」と言われる若者の新たな消費のツボを明らかにした本書は、地縁を大切にしながら非常に保守的な価値観を持つ「ヤンキー層」をテーマにしています。旺盛な消費欲を示しながら、ファッションも精神もマイルドになった新しいヤンキーの姿を密着取材とヒアリング調査により明らかにしています。

book1210

『ビジネスを蝕む 思考停止ワード44』
著 者: 博報堂ブランドデザイン
判型: 新書判
ページ数: 248ページ
発行: 株式会社KADOKAWA
アスキー・メディアワークス
書店発売日: 2013年12月10日(火)

ビジネスを蝕む 「思考停止ワード44」

博報堂のビジネスコンサルティング専門組織「博報堂ブランドデザイン」は、いまの時代に生きるビジネスパーソンにとって重視すべきと思われる「思考停止ワード」を収録、ネガティブな影響から抜け出すためのヒントをまとめた『ビジネスを蝕む思考停止ワード44』を発売いたしました。

本書では、どれも現代のビジネスでは“常識”とされる言葉が多く収録されています。しかし、ビジネスの現場で耳にする“常識”の一部には、実は意外な落とし穴があります。一見するとなんの変哲もない言葉が、無自覚のうちに判断の放棄や、ステレオタイプな決断を招き、人や企業、そして組織から活力を奪っているケースが考えられます。言葉に目を向けることで、ビジネスを新しい視点で捉え直し、視野を広げるための一助としてお役立ていただければ幸いです。

btob

【実践】BtoBマーケティング ―法人営業 成功の条件-
編著: 余田拓郎(慶應ビジネススクール)
     首藤明敏(博報堂コンサルティング)
刊行: 2013年12月
出版社: 東洋経済新報社

【実践】BtoBマーケティング ―法人営業 成功の条件ー

博報堂及び博報堂コンサルティングは、BtoBにおけるマーケティングの必要性やその在り方について、慶應義塾大学大学院経営管理研究科の余田教授と共に研究を行い、300社にわたる買い手企業の購買体験の実態調査と売り手企業の成功事例から勝つための方法論を導き出しました。

本書では、その方法論をわかりやすく解説すると共に、人的なつながりへの傾注に限界を抱えている法人営業関係者に対し、組織的なマーケティング活動が法人営業の成功条件であることも示唆しています。

編著に、慶應義塾大学大学院経営管理研究科の余田教授とブランド構築と事業変革に関する経営コンサルティングを行う株式会社博報堂コンサルティング代表取締役社長の首藤明敏。博報堂研究開発局の徳永朗上席研究員も本書の執筆に携わっています。


  • ホームへ戻る
  • ページトップへ
  • ご利用にあたって
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ
  • 本社地図
  • 各種お問い合わせ
  • 博報堂DYホールディングス
  • 博報堂DYメディアパートナーズ