訪日直前の観光客の現地自宅へ情報と商品を直接届けるサンプリング
訪日中の店舗内で、観光客も広く利用しているSNS/メッセージアプリ「WeChat」(※1)に商品情報/クーポン等を配信するサービスを提供

株式会社博報堂
Cybermart Group

株式会社博報堂(東京都港区、代表取締役社長:戸田裕一)とCybermart Group(※2)(中国・上海、代表取締役:Steve Chang)は、2015年2月に提供を開始した訪日中国系観光客向け店頭送客O2Oソリューション『CyberGO』(※3)に加え、このたび訪日前/中に観光客の商品認知/購買意欲を促進する新サービスの提供を開始いたしました。

博報堂が訪日中国人観光客の消費行動を調査した結果(※4)によると、7割強が訪日前に購入する商品を決定している「計画購買層」で、訪日中に購入する商品を決定している「非計画購買層」は3割弱であることが明らかになりました。精密なインバウンドマーケティングを行うためには、観光客が購入商品を検討する買物プロセスに合わせて、最適な情報設計をおこなうことが求められます。博報堂、Cybermart Groupはこれまでの『CyberGO』の仕組みに加えて、中国国内での商品/情報との接点を創出することで計画購買を促進するサービス『Cyber Sampling』、日本国内の流通・小売店舗での非計画購買を促進するサービス『Cyber Shake』を提供いたします。今後は訪日観光客の買物後の買い逃しサポートなど、インバウンドマーケティング関連サービスを更に強化、拡充してまいります。

詳しい資料はこちらから(PDF)

①計画購買層向け

“訪日直前”観光客自宅へのダイレクトサンプリング
『Cyber Sampling』

CyberGOサービス利用者には、訪日前にWi-Fiルーターが無償で貸出されます。「Cyber Sampling」はWi-Fiルーターを現地自宅への送付する際に、化粧品や日用品、食品などの商品のサンプルやリーフレットを同梱、一部地域を除く中国全土の訪日予定観光客に届けます。直近の訪日がほぼ確定している観光客のみをセグメント、自宅でじっくりと商品について知り、使用する体験を提供、好意形成をおこなうことで事前の計画購買(購買/検討リスト入り)を促進するサービスです。

*サンプルによっては現地機関等で事前確認の上、実施NGとなる場合もございます。また食品は中国の規制により産地証明等の取得が必須となります。

*サンプル同梱のWi-Fiルータ―送付箱イメージ
同梱するサンプルのサイズによって箱のサイズ等を調整いたします。

②非計画購買層向け

店舗内Beacon×「WeChat」の商品情報/クーポン等配信サービス
『Cyber Shake』

各小売・流通店舗にBeaconを設置、その受信範囲内で、スマホをシェイク(※5)すると、中国で広く使用され、訪日買物時にも活用されているSNS/メッセージアプリ「WeChat」に、おすすめの商品情報・クーポンの配信、アプリ上で店頭抽選キャンペーン等が可能な、インストア型の情報配信/プロモーションサービスです。あらかじめ購入商品が決まっていることが多い観光客に対して、店頭で新たな商品情報接触やクーポン等インセンティブを提供することで、その非計画購買(衝動買い)を促進いたします。

また、「WeChat」上で展開する為、その情報が接触した本人に限らず、友人等への拡散も期待できるサービスです。

 (※1)中国の大手SNS・メッセージアプリ微信(ウェイシン)の英語名

(※2)Cybermart Groupは世界最大の電子機器受託生産(EMS)企業グループ 『フォックスコン・テクノロジー・グループ(鴻海科技集團,Foxconn Technology Group)』のグループ企業です。

(※3)2015年2月17日 ニュースリリース
訪日中国系観光客向けO2Oソリューション 『CyberGO』を提供開始 http://www.hakuhodo.co.jp/archives/newsrelease/20313

(※4)2015年7月10日 ニュースリリース 博報堂「インバウンド・マーケティング・ラボ」、 春節期における訪日中国人観光客の消費行動調査結果発表 http://www.hakuhodo.co.jp/archives/newsrelease/22181

(※5)シェイクは、振るだけで簡単に各種情報を取得できる「WeChat」の機能です。中国国内では広く認知されており、流通・小売企業を中心にシェイク機能を利用したプロモーションが行われ、多くの参加者を集めています。