中国企業Cybermart Groupと共同開発

第一弾として中国、台湾、香港からの訪日客の店頭送客を春節よりサービスイン

株式会社博報堂
Cybermart Group

株式会社博報堂(東京都港区、代表取締役社長:戸田裕一)は、中国企業Cybermart Group(中国・上海、代表取締役:Steve Chang)と共同で、急増する訪日観光客を顧客企業の店頭に送客促進をおこなうO2Oソリューション『CyberGO』を開発、提供を開始しました。

 『CyberGO』は、中国、台湾、香港から訪日する観光客にスマートフォンアプリを通じて家電量販店、飲食店、ドラッグストアなどの店舗情報と割引クーポン等を提供することで、観光客の店舗への来店促進と購買促進を同時におこなうソリューションです。観光客へのWi-Fiルータの無料貸出とアプリダウンロードを組み合わせることで、観光客数千人(※1)に対して広く情報を配信してまいります。

 『CyberGO』は、日本への観光客が多く集まる現地の大手旅行情報サイト、航空会社・空港ターミナル、金融機関などで「Wi-Fiルーター無料貸出&アプリダウンロード」の抽選キャンペーンを行います。観光客を出国前に獲得・会員化することで早期に情報接触を行い、来日前の店舗来訪や商品の購入意思決定を促します。また、日本への滞在中にも会員(観光客)の位置情報に応じて店舗情報の検索や、割引情報などのプッシュ通知を行うことで、滞在中の来店動機を更に高めることも可能です。

 当ソリューションは、2014年12月に都内家電量販店にて送客トライアルを実施しています。買物客は割引クーポンやインセンティブ情報をきっかけに訪問店舗、購入品目を決定するケースが多く見られ、高い成果を収めています。このたび訪日客が増加し最大の商戦期となる春節(2月中旬~)を期に、多くの顧客企業への送客を行う本格的なサービス展開を開始いたします。既に家電量販店、飲食店情報提供サービス、ドラッグストア、百貨店など多数の企業での採用が決定しており、高い期待が寄せられています。また、今後は日本のサービス提供エリアを5月に関西地区、10月には北海道へと順次拡大する予定です。

 博報堂、Cybermartでは、2015度の送客目標を70,000人、送客者による顧客企業での購入金額を70億円を目標としています。また、2016年度には韓国をはじめ、ASEAN各国からの訪日客へと拡大、顧客企業、実施エリアを拡大することにより、200億円の購入金額を目標とする予定です。

(※1)第一弾の春節期には訪日中国人2000名/月を予定。今後はエリア拡大などに応じて順次拡大予定。

詳細な資料はこちらから(PDF)

◆サービス提供の流れ

①キャンペーン告知

現地の大手旅行情報サイト、航空会社・主要空港ターミナル、金融機関、雑誌メディア、Web/SNSなどで、日本への旅行中にWi-Fiルーターの無料貸出、商品を割引価格で購入できるキャンペーンを告知、集客を行う。

②Wi-Fiルーター貸出、専用アプリダウンロード

宿泊先エリアなどの条件からキャンペーン応募者を抽選し、Wi-Fiルーターの無料貸出を実施する当選者を決定。当選した旅行客は、日本へ出発する現地空港に設置された特設カウンターにてWi-Fiルーターを受け取り、専用アプリ「CyberGO」をダウンロード。

※専用アプリ「Cyber Go」起動画面。割引クーポンの情報だけでなく旅行客向けの情報が幅広く配信される

③店舗への送客促進、割引クーポンによる販売促進

アプリで取得した位置情報に応じて、会員に店舗情報をプッシュ通知で配信される。その他、アプリではエリア内の店舗検索、販売している商品の紹介情報などが検索できる。対象店舗割引クーポンが表示される。

※店舗情報検索、クーポン配信画面