-中国人観光客の消費のキーワードは、「普段購入している物を日本でリーズナブルに」

株式会社博報堂のインバウンド消費に関する研究を行う社内横断チーム、博報堂「インバウンド・マーケティング・ラボ」は、春節期における東アジア4地域(中国・韓国・台湾・香港)の訪日観光客のインバウンド消費行動調査「IMBA(Inbound Marketing Breakdown Analyzer)」を実施しました。今回は、調査結果のうち、訪日中国人観光客の消費行動分析の一部をご紹介いたします。

2014年度の訪日観光客は1300万人、インバウンド消費については、2兆円を超え、国籍・地域別の消費額では中国が1位(前年比102.4%)と言われています(出典:日本政府観光局、観光庁)。

しかし、訪日、購買行動要因を詳細に明らかにしたものがなく、精緻なインバウンドマーケティングができないという課題がありました。今回実施したインバウンド消費行動調査「IMBA」では、購入商品のカテゴリー毎に、「いつ」「どのメディアで」「どんな情報に触れて」訪日・購買行動を決定しているかを、詳細に調査・分析いたします。この調査結果を元に高度なインバウンドマーケティングを可能にいたします。

博報堂「インバウンド・マーケティング・ラボ」では、東アジアの訪日観光客が最も多い夏休み期と春節期に継続して調査を行い、インバウンドマーケティングの2大最需要期を捉えたソリューションとして、クライアント企業の課題にお応えしてまいります。

中国人観光客のインバウンド消費の特徴

●訪日中の消費額は、20万円~40万円が多い。

●訪日前に購入商品を決定している人が7割程度。買い物リストは訪日前に作られている。

●7割が自分用に購入。普段から使っているものを購入し、継続的に使用している。

●購入に寄与した情報でも「日本ならではの商品」であることよりも「日本で買うと安い」が多くのカテゴリーで重視される。

●商品購買決定に強いサイトはECサイトや旅行情報サイトなど。いずれも日本限定のメディアではなく、一般生活者が訪日観光、訪日中に買物をした経験を踏まえたコメント等が情報源。

調査結果詳細、PDF版はこちら