ニュースリリース

博報堂、次世代型クリエイティブエージェンシー「株式会社SIX」を設立

国際的広告賞デジタル部門で数多くの受賞歴を持つクリエイター6人が
デジタル領域とマス領域、商品・サービス開発領域までを融合させた新しい価値創造を牽引

 2013年6月6日

SIX

 

株式会社博報堂(東京都港区、代表取締役社長:戸田裕一)は、デジタル領域へ強みを持つ社内クリエイターたちにより、デジタル領域やマス領域などの区分をこえた次世代型クリエイティブを開発する新会社「株式会社SIX」(以下「SIX」)を設立し、本日6月6日より営業を開始いたします。

http://sixinc.jp/

近年、広告コミュニケーションの開発において、マス領域とデジタル領域の区分を超えたクリエイティブ・ソリューションが強く求められています。
新会社「SIX」は、デジタル領域まで統合的にクリエイティブできる強みを基点に、ブランドとユーザーの新たな絆をつくる「クリエイティブエンゲージメントエージェンシー」として、既存の手法にとらわれない新しいコミュニケーションや、コンテンツ、商品・サービスの開発を行います。

「SIX」は、博報堂のクリエイターである野添剛士(代表取締役社長)、大八木翼、本山敬一、坪井卓、齊藤迅、日野貴行の6名と、ビジネスプロデューサーとで発足します。各メンバーは、世界最大の広告賞「カンヌライオンズ国際クリエイティビティ・フェスティバル」などの国内外広告賞のデジタル関連部門において、数多くの受賞歴を有しています。

博報堂グループは近年、「Gunn Report 2012」のエージェンシーランキング1位※1の獲得や、アジア太平洋広告祭での「インタラクティブ・エージェンシー・オブ・ザ・イヤー」※2を2年連続受賞するなど、デジタル領域で活躍するエージェンシーとして、国際的に高い評価を受けています。「SIX」設立メンバーの活躍が、これらの評価を大きく牽引してきたことは間違いありません。

*博報堂グループのデジタル部門での国際的評価について

※12013年2月、「Gunn Report 2012」において、博報堂グループは、デジタル領域で活躍したエージェンシーのランキングである「The Most Awarded Agency in the World」で1位を獲得しました。本カテゴリーで日本のエージェンシーが頂点に立つのは初めての快挙でした。関連リンク:―Gunn Report 2012結果― 博報堂グループが、デジタル領域で最も活躍した広告会社で1位を獲得 日本のエージェンシーとしては初の快挙

※22013年3月、アジア太平洋地区で最も権威ある広告祭である「第16回ADFEST(アジア太平洋広告祭)」において、博報堂は前年に引き続き2年連続「インタラクティブ・エージェンシー・オブ・ザ・イヤー」受賞の栄誉に輝きました。関連リンク:第16回ADFEST(アジア太平洋広告祭)で、 博報堂が2年連続「インタラクティブ・エージェンシー・オブ・ザ・イヤー」受賞

 
「SIX」は博報堂の独立子会社という形をとることで、この領域に不可欠な柔軟性とスピードを確保、これまで以上に先進的なソリューションを得意先企業とユーザーに提供していくことを目指します。
今後は、博報堂グループ全体との強力な連携をはかりながら、国内外のデジタル系新興企業とのコラボレーションも視野に入れ、デジタル・クリエイティブ業界全体の活性化にも貢献していきたいと考えます。

「SIX」のメンバーは、6月下旬に開かれるカンヌ国際クリエイティビティフェスティバルに参加する予定です。また、本年10月には港区青山に新オフィスをオープンする計画です。

 

◆「SIX」の詳細やメンバーのプロフィールなどは、添付のニュースリリースをご覧ください。

ニュースリリース(日本語)

ニュースリリース(English)

 

http://sixinc.jp/


  • ホームへ戻る
  • ページトップへ
  • ご利用にあたって
  • プライバシーポリシー
  • 特定個人情報基本方針
  • サイトマップ
  • 本社地図
  • 各種お問い合わせ
  • 博報堂DYホールディングス
  • 博報堂DYメディアパートナーズ