いまの40~60代は“見た目”が大事。
「成熟」よりも「センス」。頑固親父は過去のものに。

・言われて嬉しい言葉「若々しい:42.4%」に続き「センスがいい:37.2%」。
 従来の褒め言葉である「成熟した:8.1%」を大きく上回る。

・一方「言われて不愉快な言葉」1位「頑固だ:42.5%」。物事への柔軟な対応や個性を重視。

・60代でも「若々しい見た目でありたい」が7割。<がんこジジイ>から<若さと見た目の60代>へ。

2012年2月1日

 40~60代の意識が従来の常識から大きく変わり、いまや「絶滅!?する中高年」とでも言うべき状況が現れています。 「博報堂エルダーナレッジ開発 新しい大人文化研究所」では、人生を前向きにとらえ、若々しくありたいとする新たな40~60代を総称して「新しい大人世代」と名づけ、彼らの志向や生活を探る様々な調査を実施しています。このたび、全国の40~60代の男女3708名に向けた調査から、40~60代の人生観に関する結果をまとめましたので、ご報告いたします。

 調査結果からは、従来の中高年意識であった「老い」「余生」といった“下り坂”の人生観は“絶滅”しかかっていることが見えてきました。従来の中高年は、40代が働き盛り、50代で下り坂がはじまり、60代になると余生になって長生きが目標になる、と見られてきました。しかしながら、現在の中高年は、そうした従来型の人生カーブとは180度異なるといってもいい人生観でとらえています。年を重ねることを「加齢」と捉えない、エイジレスな感覚を持った新しい40~60代が登場しています。

 「自分が言われて最も嬉しい言葉」は「若々しい(42.4%)」「センスが良い(37.2%)」。これに「自然体だ(30.4%)」が続き、これまでこの年代に対する褒め言葉として一般的だった「成熟した(8.1%)を大きく上回る結果となっています。

 一方「言われて不愉快な言葉」としては「頑固だ」が42.5%と圧倒的な1位で、男女ともに年齢を重ねるほど高い数値となっています。続く第2位は「組織で動く(15.8%)」で、物事への柔軟な対応や個性を重視する新しい大人世代が出現していることが分かりました。もはや、“頑固親父”という言葉も人には言い辛い時代、となっているようです。

 また、現在の40~60代の大きな特徴は「見た目にこだわる」ということです。「何歳になっても若々しい見た目でありたい」が40~60代の全体で72.6%。60代でもなんと70.6%の人がそう答えています。いまや、“若さと見た目の60代”といえそうです。

 

 詳細については添付のPDFファイルをご覧ください。

※ニュースリリース詳細

 

★過去のレポート

新大人研レポートⅠ ”新しい大人世代”の人生の捉え方(2012/1/19)