絶滅する中高年!? 新しい大人世代の登場 
「50代を過ぎたら、もう年をとらない」6割
  
・ 40~60代の人生観に大きな変化、従来の“下り坂感”から“上り坂感”へ
・ 「何歳になっても若々しく、前向きな意識を保ちたい」 82.7%
・ 「50代になってもジーンズが似合うカッコイイ大人でありたい」64.1%
 2012年1月19日
  
 いま中高年の意識が従来の常識から大きく変わろうとしています。「博報堂エルダーナレッジ開発 新しい大人文化研究所」では、人生を前向きにとらえ、若々しくありたいとする新たな40~60代を総称して「新しい大人世代」と名づけ、彼らの志向や生活を探る様々な調査を実施しています。このたび、全国の40~60代の男女3708名に向けた調査から、40~60代の人生観に関する結果をまとめましたので、ご報告いたします。
 
 調査結果からは、従来の中高年意識であった「老い」「余生」といった“下り坂”の人生観は“絶滅”しかかっていることが見えてきました。従来の中高年は、40代が働き盛り、50代で下り坂がはじまり、60代になると余生になって長生きが目標になる、と見られてきました。しかしながら、現在の中高年は、そうした従来型の人生カーブとは180度異なるといってもいい人生観を持っています。年を重ねることを「加齢」と捉えない、エイジレスな感覚を持った新しい40~60代が登場しています。
 
 現在の40代~60代の大きな特徴は、そもそも人生観が従来の「下り坂」から、“人生の花を開かせる”といった「上り坂」へと大きく転換していることです。
 
 40~60代男女に「自分が理想とする生き方」について尋ねたところ、「50代を過ぎたら、もう年をとらないという自分でありたい(61.4%)」と、6割を超える男女が50代以降の加齢を意識せず、あたかも50代で年齢が止まったかのように捉える新たな動きが生まれています。また、「何歳になっても若々しく前向きでありたい」と回答した人は、全体の82.7%に上ります。もはや40~60代の大多数が「若々しく前向きでありたい」と考えていることが分かりました。
 
 また、全体の 64.1%が 「50代になってもジーンズが似合うカッコイイ大人でありたい」と回答。特に女性は7割(70.1%)がそう思っています。“ジーンズをはきこなしてカッコよくありたい”、というのがいまの40~60代すなわち「新しい大人世代」なのです。
 
 団塊世代を中心とする60代が作り出した「新しい大人世代」の価値観は、ポスト団塊・バブル世代をはじめとする下の世代により顕著な形で受け継がれており、今までの常識を超えたエイジレスな中高年がこれからの日本を牽引していくことが予想されます。
  

詳細については添付のPDFファイルをご覧ください。

ニュースリリース詳細