地域の観光資産とスポーツイベントを掛け合わせて新たな人流を創造する

「越後妻有 RIDEQUEST 2013」を7月22日(月)より参加者募集開始

 株式会社博報堂(東京都港区、代表取締役社長:戸田裕一)と株式会社JTB関東(埼玉県さいたま市、代表取締役社長:今枝敦)は、地域活性化とスポーツイベントを掛け合わせた、新しいサイクリングイベント「RIDEQUEST」事業を開始、第一回目である「越後妻有 RIDEQUEST 2013」の参加者募集を7月22日(月)より開始いたしました。

 近年、地域活性は地ブランド、アート、映画、アニメなど、新しいテーマを積極的に取り入れ、みずから観光資源を創造して推進する「テーマ型」の地域活性が注目を集めています。「RIDEQUEST」は自転車を移動手段として、その地域が持っているテーマ性のある地域資源を中心としたスポットを各自のペースで自転車で巡り、楽しむことができる全く新しいイベントです。

 「越後妻有 RIDEQUEST 2013」は、越後妻有のアート文化を楽しめるほか、越後妻有地域の村の方々が地域の特産品でお迎えするエイドステーション、地域のテーマに合わせたスタンプラリーなどを用意、地域の観光資源に新たなスポーツイベントの魅力が融合されたサイクリングイベントです。
(詳細・申込みは、公式HP: http://www.ridequest.jp)

当イベントは地域活性などのソーシャルテーマを軸にビジネスを開発する「テーマ開発局」と、人を動かし人流を創りだすことに長けた新設の専門組織「行動デザイン研究所」が、着地型の新しい観光行動をつくり出すことを目的として株式会社JTB関東と共に企画・運営を行っております。今後も「RIDEQUEST」は地域の観光資源を活性化させる、全く新しいコンテンツとして事業を展開してまいります。

ニュースリリースの詳細はこちら(PDF)