開催概要

日      時: 1月24日(水)15:00~16:30
会      場: 国際新赤坂ビル東館11階 博報堂ラーニングスタジオ  地図
費      用: 無料
定      員: 100名
申込締切: 1月8日(祝・月)

IoTによって様々なモノとサービスがつながり合い、人とデバイスがコミュニケーションするようになるなど、新しいテクノロジーの登場により、新しい体験やサービスを生みだせる可能性が、ますます高まっています。
と同時に、これまでのモノづくりの方法論だけでは対応できない領域も広がってきています。

これからのモノづくりは、モノをつくるだけでは完結しません。
サービス、コンテンツ、そしてマーケティングにいたるまで、モノをとりまくすべての体験とビジネス全体を、いかに統合的にデザインできるか。
それを実現する統合的なクリエイティビティこそが、次のプロダクトイノベーションに求められているのです。

博報堂のプロダクトイノベーションチーム「monom(モノム)」は、モノ起点の事業開発・運営および各種コンサルティングを行う博報堂のクリエイティブチーム。
ぬいぐるみをおしゃべりにするボタン「Pechat(ペチャット)」。ユーザーが日本語で話す内容を記録・解析し、ユーザーに最適な英会話レッスンを生成する、ウェアラブル英会話教師「ELI(エリ)」など、博報堂の生活者発想、クリエイティビティ、ビジネス実現力を駆使して、人と時代のインサイトを捉えたプロダクトイノベーションをサポートしています。

今回のConsulactionセミナーでは、
monomチームによるプロジェクトのご紹介と共に、真に生活者と世の中を動かす新しいモノづくりの方法論についてお話します。
新規事業開発や、新商品や新サービスの開発のヒントに是非お役立てください。

講師

小野 直紀 (おの なおき)
コピーライター/プロダクトデザイナー

monom代表。
博報堂入社以来、広告、空間、デジタルと幅広いクリエイティブ領域を経験する中で、多数のプロダクト開発業務に従事。
2015年に、プロダクト開発に特化したクリエイティブチーム「monom」を設立。
様々な職能をもつメンバーや社外の開発パートナーと共働しながら、プロダクトの企画・開発、クリエイティブディレクション、プロダクトデザインを行う。

■執筆コラム
連載対談企画「キザシ」第5回 / モノの未来とプロダクトデザイン
プロダクト・イノベーション・チームmonom リーダーインタビュー ~今までとは異なるものづくりへの挑戦~

谷口 晋平(たにぐち しんぺい)
ビジネスデザイナー

2008年博報堂入社。
コーポレート部門を経たのち、ストラテジックプラナーとして大手飲料・自動車・消費財メーカー等を担当。
新商品/事業開発、ブランド戦略立案など幅広い領域の業務に従事。
戦略会計・組織論などの知見を活かした包括的な事業構築・ビジネスデベロップメントを担当。

■セミナーお申込に関するご注意
  セミナーのお申込は会員登録が必要になります。
※こちらのセミナーは、定員制となっております。お申込多数の場合、抽選とさせていただく場合もございます。
※競合にあたるお立場の方、個人の方のご参加はお断りさせていただいておりますので、あらかじめご了承いただきますようお願いいたします。
※内容は、変更される場合があります。また、進行の都合により時間割が変わる場合がございます。
※お申込いただいたセミナーは、講師・主催者の諸般の事情により、開催を中止させていただく可能性がございます。
※天災地変や伝染病の流行、セミナー会場・輸送等の機関のサービス停止、官公庁の指示等の当社が管理できない事由によりセミナー内容の一部変更及び中止のために生じたお客様の損害については、当社ではその責任を負いかねますのでご了承ください。

お問い合わせには、ログインまたは、会員登録(無料)が必要になります。