エンタテインメントやスポーツなど各種コンテンツ消費の実態を明らかにする
「コンテンツファン消費行動調査」分野別レポートを販売開始!

2012年10月

株式会社博報堂と株式会社博報堂DYメディアパートナーズの共同チーム「コンテンツビジネスラボ」は、独自に実施するオリジナル生活者調査『コンテンツファン消費行動調査』の分野別レポートの販売を開始いたしました。レポートは、中小企業経営者向けビジネス情報ポータルサイト「WizBiz」内の専用ページからご購入いただけます。

 

<レポート販売の詳細>

専用ページURL:http://contents.wizbiz.org/

・計11分野(カテゴリ)のレポートを販売中

1「バラエティ・ドラマ」  2「アニメ・特撮」 3「マンガ・ライトノベル」 4「小説」 5「映画」 6「音楽」 7「ゲーム」 8「美術展・博覧会」 9「スポーツ」 10「特定のタレント・人物」 11「レジャー施設・イベント」

・レポートの特徴

(1)計11ジャンルにおけるコンテンツファン(興味・利用・支出・ファン層別)のボリューム、お金の使い方(パッケージ、ライブイベント、グッズ、有料放送など)を金額ベースで聴取
(2)各ジャンル別のファン層別選択時重視点、情報源、具体的利用コンテンツを解明
(3)昨年度(2010年度)と本年度(2011年度)を同項目で聴取し、時系列比較が可能

・1分野(税込)3,500円~

 

「コンテンツファン消費行動調査」とは

コンテンツビジネスラボが独自に実施する生活者調査。全国の15~69歳男女・計4000名を対象に、エンタテインメントやスポーツなど計11カテゴリのコンテンツに対する消費行動の実態を把握したもので、業界団体別の出荷・売上データなど既存のコンテンツ関連調査では把握できなかった、生活者のコンテンツ消費実態に本格的に迫った初の調査。「誰が」「何に」「いくら」支出しているかのリアルな実態把握が可能。コンテンツのジャンルをまたいだファン行動の分析や、市場規模の推計など、幅広い業種の企業やコンテンツホルダーにご活用頂ける内容です。

コンテンツビジネスラボ」とは

独自調査『コンテンツファン消費行動調査』の知見をもとに、近年企業のニーズが高まっているコンテンツを起点とした広告やビジネス設計の支援を行う専門チーム。独自に提唱する『コンテンツファン発火モデル』を用いて、企業やコンテンツホルダーが実施するコンテンツを起点とした広告コミュニケーションの設計支援や、新規事業・サービス展開のマーケティング支援等を行う。博報堂のマーケティングプラナーと研究開発職員、博報堂DYメディアパートナーズのコンテンツビジネス開発の専門家などで構成されるメンバーは、スポーツ、ドラマ、アニメ、ゲーム、音楽など、さまざまなカテゴリの熱心なファンでもあり、コンテンツに対する豊富な知見と情熱を有している。
コンテンツビジネスラボ紹介サイト
ニュースリリース:コンテンツビジネスラボ発足(2012/07/12)

 

レポートご購入は専用ページから:http://contents.wizbiz.org/
(無料サンプルレポートの配布、カスタマイズレポート、勉強会の申込も上記サイトで受け付けています。)