夏休みも終わりに近づいた8月28日(日)、博報堂・博報堂DYメディアパートナーズ共催の「赤坂Bizタワー Open Sunday 2016」が開催されました。
毎年夏の恒例となっているこのイベントは、博報堂DYグループの社員が1日ホストとなり、いつも支えてくれている家族をもてなすオープンオフィスイベントです。家族に会社をより身近に感じてもらい、「ファミリー」であることを実感してもらうことを目的に、赤坂に移転した2008年に始まりました。

来場者は200組664名。うち、子どもは293名。家族構成はさまざまでしたが、やはり目立つのは子どもたち。小さな子どもたちにとっては、禁断のパパ・ママのオフィスに入るだけでも事件! 絨毯が敷き詰められた長い廊下、カフェの特製お子様ランチ、風船、役員室フロアから見る東京の景色、最新のテレビ体験など、めいっぱい楽しんでくれました。

「社員が気持ちよく仕事に打ち込めるのは家族あってのこと。」という伝統は、今から54年も前の1962年、博報堂が社員の家族をもてなす「園遊会」なるインナーイベントを開催し、社長自らホストリーダーの役割をこなしていた頃から今日まで、脈々と引き継がれています。