タイ、ベトナムでは3人にひとりが「将来的に日本に行ってみたい」!
昨年に比べ日本への来訪意向、興味度は大きく増加
クールジャパンコンテンツ、アニメ・マンガへの興味関心も上昇

株式会社博報堂
株式会社博報堂DYメディアパートナーズ

 株式会社博報堂 クールジャパン推進室(本社:東京都港区、室長 山本浩)、株式会社博報堂DYメディアパートナーズ メディア環境研究所(本社:同上、所長 三神正樹)は共同で、「ASEAN メディアコンテンツ調査」の2015年版を実施いたしました。
「ASEAN メディアコンテンツ調査」はASEAN主要3カ国(タイ、ベトナム、インドネシア)各500サンプルを対象とし、日本への来訪意向(インバウンド需要)、興味項目やクールジャパンコンテンツへの関心を調査したもので、2014年に引き続き2回目の実施となります。
調査・分析の結果、昨年に増して日本への高い来訪意向・クールジャパンへの興味関心が浮かび上がりました。

レポート概要

■“インバウンド需要”高まる ~日本への来訪意向~

・3カ国全体の傾向として、「1年以内に訪問したい国」「将来的に訪問したい国」において日本の順位が上昇。 「将来的に訪問したい国」については 18カ国中いずれもTOP3に入っており、日本への来訪意向が増加しているといえる。

■日本に関するイメージ総量 「ベトナム」「インドネシア」で増加 興味ジャンルも幅広く

・日本に対する8ジャンル(食、観光、技術、ファッション、ポップカルチャー、ライフスタイル、
教育、医療)への興味度を足し上げたイメージ総量で見ると、総じて日本は他国に比べて高い傾向。タイでは昨年同様トップとなっているほか、ベトナム、インドネシアではイメージ総量自体が大きく増加している。

・ジャンル別興味度を見ると、タイでは「食」「観光」「技術」で60%前後、「ファッション」「ポップカルチャー」「ライフスタイル」などが40%前後と高く、幅広いイメージが持たれていることが特徴。ベトナム、インドネシアは「技術」「食」「教育」のイメージが高い。

■“クールジャパンコンテンツ「アニメ・マンガ」”への興味度も増加

・各国ともに「日本のアニメ・マンガ」への興味関心度が大きく増加している。

■日本に関する情報源、「テレビ」「口コミ」が上位

・日本に関する情報源は各国ともテレビと口コミが高めであり、ソーシャルメディアなどのネット情報が補完している構造がうかがえる。

→詳細はこちら