行動デザイン発想で「来たくなる」「買いたくなる」“超大判ポスター付きカタログ広告”を実施

2013年8月27日

博報堂が新しく設立した「人を動かすマーケティング」を研究・実践する新組織「博報堂行動デザイン研究所」は、このたび日本最大サイズ※となる“超大判ポスター付きカタログ広告”を8月28日の読売新聞にて配布致します。当企画は現在、お台場の日本科学未来館にて開催中の企画展「サンダーバード博」の更なる来場者・物販の売り上げ増に貢献するべく、首都圏一部エリアで合計約10万部を配布する特別企画です。

人々の夢や希望を具現化し、利便性・快適性を追求したハイテクノロジーが描かれている「サンダーバード」は、1965年にイギリスで誕生し、50周年を迎えようとする今も世代や国を超えて人々を魅了し続けており、日本においても40~50代を中心に、根強い人気を集めています。

博報堂行動デザイン研究所では、人を動かす「行動デザイン」発想により、折り込み広告としては最大級サイズの企画展広告を企画、実現することで更なる来場増と、お客様の“大人買い”による物販拡大を狙っています。裏面は「永久保存版ポスター」としてファンのコレクター魂を喚起することで来場を促進、表面にはミュージアムで実際に販売されているサンダーバードグッズを企画展オリジナルアイテムを中心に紹介し、思わず“大人買い”をしたくなるカタログ型の広告を掲載しています。

※博報堂DYメディアパートナーズ調べ

開催概要

企画展『サンダーバード博 ~世紀の特撮が描くボクらの未来~
開催期間:2013年7月10日(水)~9月23日(月・祝)

場所:日本科学未来館(東京・お台場)
入場料:一般・大人1,300円、18歳以下700円
(※常設展示見学可、土曜日のみ18歳以下600円)

主催:フジテレビジョン、東映、東北新社、博報堂、博報堂DYメディアパートナーズ、日本科学未来館

※詳細は下記公式HPからご確認ください。

http://tbmirai.jp

Thunderbirds ™ and cITC Entertainment Group Limited 1964, 1999 and 2013.Licensed by ITV Ventures Limited. All rights reserved.

 

ポスター&カタログ型新聞広告

自分もリアルタイムで番組を見て育った世代なのでサンダーバードには特別な思い入れがありますが、驚いたのはサンダーバード博来場時にグッズを「大人買い」するファンの多さです。
従来の企画展の告知ではあまり物販が情報化されておらず、会場に行って初めて商品に触れるという状況になっていたと思います。単に展示内容を告知するだけでなく、物販のグッズをカタログ風に紹介することで「大人の買物欲」に火をつけることが、この種のコンテンツファン・イベントにおける動員数拡大のカギになるのでは?と考え、今回の企画に至りました。
この広告を見て、一万円
(※税抜)以上大人買いした方には5%オフの特典もついています。品切れのグッズもあるので、ファンの方はなるべく早く会場に行っていただきたいと思います。また、裏面は永久保存版ポスターとして、サンダーバード2号の精密な3面図になっています。ファンにはこの上ないお宝になるのではないでしょうか。(博報堂行動デザイン研究所長・國田圭作)