消費意欲指数は前年並みも、
夏らしい消費に関する意欲は減少傾向

株式会社博報堂(本社・東京)のシンクタンク博報堂生活総合研究所は、20~69歳の男女1,500名を対象に「来月の消費意欲」を点数化してもらうなど、消費の先行きに関する調査を毎月実施。その結果を「来月の消費予報」として発表しています。

8月の消費意欲指数は49.7点。前月比+1.1ポイント、前年比-0.4ポイントと、ほぼ前年並みとなりました。

Point 1:指数は前年並み。一方で、夏の買い物や行楽への意欲は前年から減少

夏休みや帰省のシーズンである8月は、毎年50点前後の高い消費意欲指数を示す月です。今年は50点には届かなかったものの、前月からは1.1ポイント上昇。特に買いたいモノ・利用したいサービスでも、「旅行」「外食」「レジャー」などの夏の行楽への意欲が前月より20件以上増加しています。

一方で、前年との比較では「ファッション」が前年より20件以上減少しており、「旅行」「外食」「レジャー」も前年比では減少。消費意欲指数の理由(OA)をみても、夏休みの買い物や夏物衣料の購入などの季節消費への意欲をあげる声(2018年8月171件→2019年8月158件)や「セールがあるので買いたい」という声(2018年8月51件→2019年8月26件)が前年より減少しています。梅雨が長く、なかなか夏らしい天気にならないことが、夏の消費への意欲に影響しているのかもしれません。

なお、「今月までに多く使ったのでセーブしたい」(2018年8月42件→2019年8月62件)、「金銭的な余裕がない」(2018年8月97件→2019年8月131件)といった経済的な余裕のなさに関する声も大きく増加しています。指数は前年並みながら、実際の消費にどれだけ結びつくかは不透明といえそうです。

Point 2:増税を理由に「控えたい」の声と「買いたい」の声が共にあがっている

 「消費税増税を理由に消費を控えたい」という声は、今月も21件あがっています(2019年6月13件→2019年7月19件→2019年8月21件)。一方で、先月に増加した「増税前に買いたい」との声も引き続き増加しています(2019年6月3件→2019年7月19件→2019年8月27件)。増税に関する声がどう推移していくかは、今後の動向を見守りたいところです。

■ 質問項目(質問文)

[消費意欲指数]
消費意欲(モノを買いたい、サービスを利用したいという欲求)が最高に高まった状態を100点とすると、
あなたの来月(8月)の消費意欲は何点くらいですか。(自由回答)
また、あなたがその点数をつけた理由をお答えください。(自由回答)

[特に買いたいモノ・利用したいサービス]
あなたが来月(8月)、特に買いたいモノ・利用したいサービスはありますか。(単一回答:ある/ない)
特に買いたいモノ・利用したいサービスとは何ですか。(複数回答)