株式会社博報堂DYホールディングス
株式会社博報堂DYメディアパートナーズ

株式会社博報堂DYホールディングス(本社:東京都港区、代表取締役社長:戸田裕一、以下 博報堂DYホールディングス)と株式会社博報堂DYメディアパートナーズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:矢嶋弘毅、以下 博報堂DYメディアパートナーズ)は、スポーツテクノロジーの研究、新規事業開発を目的に、株式会社Sports Technology Lab(本社:東京都港区、代表取締役社長:中谷吉孝、以下Sports Technology Lab)を共同で設立することに合意し、2018年11月1日より営業を開始いたしました。
またSports Technology Labでは、2017年12月に博報堂DYホールディングスと資本業務提携した株式会社Preferred Networks(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:西川徹、以下 PFN)と共同で、ディープラーニング技術を用いたスポーツアナリティクス領域のプロダクト開発を行います。

昨今様々な分野においてAI技術の活用が進んでいます。現状、スポーツ分野においては、プレーの解析や判断は人間の経験値や感覚に委ねられる部分が多く、AI技術の活用はまだまだ発展途上にあると思われます。博報堂DYグループでは、2017年12月に新設したグループ横断組織「AIビジネス・クリエイション・センター」においてAI技術を活用した新たなソリューション開発の検討を進めてまいりました。今回、スポーツ領域に注目し「スポーツデータ×AI技術」による革新的なスポーツアナリティクステクノロジーの研究・開発、及びスポーツアナリティクス事業のフィジビリティスタディを行うSports Technology Labを設立いたしました。

Sports Technology Labは、スポーツアナリティクス領域における映像解析や分析シミュレーションにおいて、PFNの持つ最先端のディープラーニング技術を活用することで革新的なスポーツアナリティクスソリューションを開発することができると考え、スポーツアナリティクス領域において、PFNと包括的共同開発契約を締結いたしました。また、博報堂DYグループのスポーツデータビジネスを推進するデータスタジアム株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:加藤善彦、以下 データスタジアム)と連携し、国内のみならず海外マーケットも見据えたスポーツ領域での新規ビジネス展開を目指してまいります。

株式会社Sports Technology Lab 代表取締役社長 中谷 吉孝

「スポーツの世界のデータ化は急速に進んでいます。博報堂DYメディアパートナーズの子会社のデータスタジアムでも、様々なジャンルでデータを収集・蓄積しており、また世界のデータ会社とも連携しています。こうした豊富なデータ、当社の持ち味である発想力、そして世界水準のAI技術を持つPreferred Networks社の技術を掛け算することで、今までにないソリューションを開発できると信じています。今後にご期待ください。」

株式会社Preferred Networks 代表取締役社長 最高経営責任者 西川 徹 様

「PFNは、深層学習技術の産業応用を進め、様々な領域でイノベーションの実現を目指しています。今回、Sports Technology Lab社と協業し、新たにスポーツアナリティクス領域に挑戦できることを大変うれしく思います。PFNが得意とする深層学習技術と、データスタジアム社が保有するスポーツのデータを組み合わせることで、グローバルな競争力をもった、革新的なスポーツアナリティクスソリューションの開発を目指してまいります。」

_______

■Sports Technology Lab 会社概要
・会社名: 株式会社Sports Technology Lab
・所在地: 東京都港区
・設立: 2018年11月1日
・資本金: 4億円
・出資比率: 博報堂DYホールディングス 50%、博報堂DYメディアパートナーズ 50%
・事業内容: マーケティングソリューション研究・開発・分析事業
・役員構成: 代表取締役社長 中谷 吉孝(博報堂DYホールディングス)
_______取締役(非常勤)青木 雅人(博報堂DYホールディングス)
_______取締役(非常勤)五十嵐 真人(博報堂DYメディアパートナーズ)
_______取締役(非常勤)岩崎 秀昭(博報堂DYメディアパートナーズ)

【株式会社博報堂DYホールディングス】
代表者: 代表取締役社長 戸田 裕一
本社所在地: 東京都港区赤坂5-3-1 赤坂Bizタワー
設立: 2003年12月

【株式会社博報堂DYメディアパートナーズ】
代表者: 代表取締役社長 矢嶋 弘毅
本社所在地: 東京都港区赤坂5-3-1 赤坂Bizタワー
設立: 2003年12月
事業内容: 広告メディアの取り扱い等

_______

■株式会社Preferred Networksについて
PFN社はオープンソースの深層学習フレームワーク「Chainer™(チェイナー)」を開発するなど、機械学習および深層学習技術の世界的なリーディングカンパニーとして、交通システム、製造業などのインダストリアル領域での実績が高く評価されています。2017年にはクリエイティブ分野に深層学習技術を応用した線画自動着色サービス「PaintsChainer™(ペインツチェイナー)」を開発、2018年10月のCEATECでは「全自動お片付けロボットシステム」を公開するなど、その活動範囲も広げています。
IoTにフォーカスした深層学習技術のビジネス活用を目的に、2014年3月に創業し、交通システム、製造業、バイオ・ヘルスケアの3つの重点事業領域を中心に、様々な分野でイノベーションの実現を目指しています。(https://www.preferred-networks.jp/ja/
博報堂DYホールディングスとは2017年12月に資本業務提携しています。

■博報堂DYグループ「AIビジネス・クリエイションセンター」について
AIビジネス・クリエイションセンターは、博報堂DYグループの知見及び人材を集約し、AIを活用したビジネス開発を推進するための、グループ横断組織です。博報堂DYグループでは傘下の事業会社それぞれが、マーケティング領域でのAIの活用を進めてまいりました。当組織ではこれらの動きや情報を集約するとともに、マーケティング、メディア・コンテンツ領域において、AIを活用したビジネス開発を積極的に推進していきます。

■データスタジアム株式会社について
データスタジアムは、2001年の設立以来、Jリーグ・プロ野球・ラグビートップリーグなどのデータを取得・蓄積・分析し、スポーツ団体やチーム・クラブ・選手に対して強化や戦術向上のためのソリューションを提供しています。また、ファンやメディアに対しても様々なデータやデータを活用したエンターテインメントコンテンツを提供し、スポーツの新しい楽しみ方を提案しています。

PDF版はこちら