本文へジャンプ

個人情報の取扱いについて

個人情報取扱いに関する基本方針

当財団は、自ら収集した個人情報、受賞者・助成者・招聘者からお預かりした個人情報、当財団関係会社の役職員の情報に関して、法律・業界基準・財団内ルール等を遵守して、適切に取り扱って参ります。

個人情報保護に当たっての基本原則

当財団は、個人情報を取り扱う上で、以下の基本原則を明確にし、これを遵守します。

1 関連法規等の遵守

個人情報に関する法令、規則、契約、財団内ルール等を遵守します。

2 本人からの個人情報の適正な取得および利用

本人からの個人情報の取得にあたっては、あらかじめその利用目的、第三者への提供可能性の有無とその場合の目的をご説明します。また、利用目的や提供相手に変更がある場合は、それを本人にお知らせし、同意を頂けない場合は、同意を頂いている範囲内での利用に留めます。情報の一部ないし全部に関する利用拒否のお申し出を頂いた場合は、それに応じます。また、情報の正確性の確保に努めるとともに、開示、停止、削除の要求があった場合は、それに応じます。

3 役職員の教育

当財団役職員に対し、個人情報の保護の重要性、法律上の要請、管理体制、取扱いルール、違反時の措置を理解させる教育啓発活動を定期的に実施、個人情報の適正な取扱いと各種規制・ルールの遵守を推進します。

4 情報取扱管理体制の確立

個人情報の保護を行うために、社内管理および責任体制を明確にし、個人情報に関する管理責任者を選定します。

5 情報の取扱い明確化

個人情報の閲覧、利用、保管、廃棄、返却など個人情報が安全かつ適切に取扱われるためのルールを定め、管理責任者のもとで、これを遵守します。

6 不正アクセスに関する対策

不正なアクセスによる個人情報の窃盗、紛失、改竄、破壊を防ぐために、情報システム、情報管理体制ならびにその他の施策を適正に構築します。

7 情報処理委託時の安全性の確保

個人情報の処理を外部に委託する場合には、社内ルールに則り、情報の安全管理が確保されると確認された委託先を選定し、適切な監督を実施します。

8 問題発生時の即時対応体制の確立

万一問題が発生したときは、遅滞なくかつ正確に状況を把握し、適切な判断と対応を行う組織体制を構築します。

9 継続的改善

管理状況のモニタリングを通じて、また外部の環境変化に応じて、継続的に各種改善を図ります。