HAKUHODO SOCILA ACTION

伝える力を活かす / H-CAMP

博報堂の教育プログラム「H?CAMP」について

広報室 CSRグループ

大木浩士

H-CAMP

H - CAMPは、博報堂が最も大切にしている力である「クリエイティビティ」を、体験を通して楽しみながら実感していただくことを目指した教育プログラムです。具体的には、「OPEN - CAMP」「企業訪問 - CAMP」「外部とのリレーション」の3つの取り組みを推進しています。

【OPEN – CAMP】

中学生・高校生が個人で参加できる博報堂オリジナルの発想体験プログラムです。デザイナー、コピーライター、プランナーなど、博報堂ならではの個性豊かな社員が講師をつとめます。楽しみながら、発想法や企画づくりのコツなどを学ぶことができるプログラムです。

【企業訪問 - CAMP】

中学校・高等学校の企業訪問のご要望にお応えするプログラムです。開催時間は通常2時間程度。会社や仕事内容の説明だけではなく、来社される皆さんの考える力を引き出すような対話型の場づくりを心がけています。

【外部とのリレーション】

「OPEN - CAMP」や「企業訪問 - CAMP」で培った知見を活かし、NPOや自治体など様々なステークホルダーと連携し、ニーズに対応した個別のプログラムづくりや情報の共有などに取り組んでいます。

2013年度からスタートしたH - CAMP。2016年6 月末までの参加者数は、約2,500名。関わった社員数は、のべ約130名です。「未来を発明する会社」として、次代を担う皆さまと、刺激と発見に満ちた学びあいの場づくりを進めてまいります。

H-CAMPのウェブサイトはこちら