博報堂生活総合研究所

独自な【観点】から、【構造】を読み、次の生活への【動力】を表現します。

博報堂生活総合研究所は、博報堂が「生活者発想」を具現化するため、1981年に設立した研究所です。単なる消費者としてではなく、「生活する主体」という意味で人間を捉え、その意識と行動を研究するシンクタンクです。価値観の変遷を時系列調査で追跡する、実験的な手法から未来への兆しを見出す、生活の現場へ飛び込み生活者と一緒に考える…など、生活者に対する私たちの観点は多角的かつユニークです。こうした生活者研究に特化したシンクタンクを備えた広告会社は世界にも例がなく、欧米やアジア各国の企業、学者、ジャーナリストなどからも高い関心が寄せられています。

近年では、情報ネットワーク化の進展により、生活者の表層的な現象を知ることは容易になりました。しかし逆に、生活者の諸現象を突き動かしている心理のメカニズムや欲望のベクトルは見えづらくなっています。いまこそ、生活者の根底、本質を掴むことが求められています。私たちは、そのアプローチを【INSIGHTOUT®】と名付けました。隠れた構造を読み解く【INSIGHT】と、構造から次の生活への動力を表現する【OUT】を合わせたキーワードです。表層の観察からは未来が見えない時代、私たちは、【INSIGHTOUT®】を旗印に、生活の構造と動力を提言していきます。これからの博報堂生活総合研究所の活動にご期待ください。

未来提案

毎年年末に発表する未来予測「生活動力」など、年に複数回、お得意先やお取引先を対象とし、研究成果を発表・提言するプレゼンテーションを開催しています。また、プレゼンテーションの開催にあわせて、書籍「生活動力」やダイジェスト・レポート、DVDなどを制作・発行しています。

発想支援

定期刊行紙として、明日を拓くひとの発想ペーパー「生活者」を、制作・発刊しています。また、一般市民の人々や企業の方々に向けて、発見と創造のノウハウを講義するオープン・スクール「生活者発想塾」を開催しています。

知識公開

長期時系列での生活者観測調査「生活定点」の基本集計データをWEBサイト「生活総研ONLINE」で提供。さらに、生活総研が蓄積してきた生活者に関するナレッジを、WEBサイトに加え、Facebookページ「生活者発想体」、Twitterなどで配信しています。


  • ホームへ戻る
  • ページトップへ
  • ご利用にあたって
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ
  • 本社地図
  • 各種お問い合わせ
  • 博報堂DYホールディングス
  • 博報堂DYメディアパートナーズ