R&D

博報堂のソリューションを支える「知」のバックボーン

いま、コミュニケーションの環境は大きく確実に変化しています。デジタルメディアの浸透、生活者の情報処理力と情報発信力の飛躍的な進化、メディアの変貌…。そうした中、博報堂はコミュニケーションを科学し、創造的なコミュニケーションを生み出すヒントとなる知的情報を発信する活動を積極的に行っています。

その最先端をいく研究開発局では、広告効果測定データの蓄積、生活者データベース『HABIT』の運営、社員向けライブラリーや社内情報共有システムの運営などを通じて全社のナレッジインフラを整備し、現業部門のバックアップを行っています。また、メディアと生活者の相互関係の研究、広告シミュレーションモデルの開発、さらに環境などの社会テーマ研究といった広い視野に立った応用研究にまで踏み込むことで、次世代の広告のありかたまでも研究開発の対象としています。

実践科学としてのマーケティングやコミュニケーションを研究し、それをコミュニケーション活動に還元する機能を持つ博報堂。メディア環境の変化と生活者をいち早く捉え、企業のマーケティング活動をサポートし、生活者との共創を進めています。

バズ分析ツール「TopicFinder」

バズ分析ツール「TopicFinder」

サイトアクセスログ分析システム「WADA」

サイトアクセスログ分析システム「WADA」

「Best HIT」~博報堂オリジナルのCM定点観測調査~

「Best HIT」~博報堂オリジナルのCM定点観測調査~

「食」の意識と行動研究レポート

「食」の意識と行動研究レポート

HABIT/Global HABIT ― 生活者の意識・行動を明らかにする大規模調査データベース

HABITは、生活者の商品に関する使用実態や意識・行動、ブランドの評価、テレビ番組や雑誌などの媒体接触状況、個人属性や生活価値観など、生活者個人の意識や実態を幅広くつかむことのできる、博報堂オリジナルのシングルソースデータです。調査は、首都圏・関西圏の12-69歳男女約5,000サンプルを対象に毎年実施しています。
また、日本だけではなく、現在、世界36都市の15-59歳男女を対象としたのべ約180,000サンプルの生活者データを分析できるGlobal HABITも整備しています。
この他、買い物定点調査(各商品がどのように買われているかを構造的に把握)や中国エリアHABIT(中国地方都市の生活者調査)などオリジナルの調査データを数多く開発しています。

ナレッジツール/ソフトの開発

豊富なデータベースを利用する各種ソフトの開発、新たな分析手法や分析装置の開発も研究開発の大きなミッションです。 HSOSと呼ばれるマーケティングサポートソフト群の開発をはじめとして、統合メディアミックスのオプティマイザー、広告のエンゲージメントを測定・分析するデータ&ソフト、ネット上の行動捕捉や分析、ID付き購買データの整備やカテゴリー横断分析、コミュニケーション効果の時系列分析モデル、グローバルブランディング研究、さらには未来予測に有効なトレンドレポートなど、分析と発想を支援するナレッジツール/ソフトを開発しています。

先端研究 ― 深耕研究

脳波や発汗の測定やアイカメラなどの非言語による測定手法の研究、大学や外部の専門研究機関との数理科学的な共同研究、戦後を俯瞰した家事や育児の歴史的変遷の研究、新しい社会像コンセプトの研究&提案など、様々な領域で先端的/深堀型研究を推進しています。

  • 多様なテーマに対応した研究レポート

  • 動画視聴時の脳波からエンゲージメントの測定


  • ホームへ戻る
  • ページトップへ
  • ご利用にあたって
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ
  • 本社地図
  • 各種お問い合わせ
  • 博報堂DYホールディングス
  • 博報堂DYメディアパートナーズ