メディア&コンテンツ

コミュニケーション効果を生む、メディア価値の創造

博報堂は、メディアおよびコンテンツビジネスを、博報堂DYメディアパートナーズと連携し、最適な課題解決力をもって、クライアント・媒体社に、提供しています。
博報堂DYメディアパートナーズは、博報堂・大広・読売広告社の3広告会社のメディア機能を統合して設立された、「総合メディア事業会社」です。プランニング、プロデュース、バイイング、ナレッジ、トラフィックを主要な機能として駆使し、コミュニケーション効果を最大化するサービスを提案しています。「生活者」を読者・視聴者・観客としてさまざまに認識し、消費者・顧客へとつなげていく新しいメディア価値の創造。このようにメディアを広義に捉え、「メディア効果」をデザインすることが博報堂DYメディアパートナーズの目指すメディア&コンテンツビジネスです。
デジタル化の大きな波により、コミュニケーションビジネスを取り巻く状況は大きく変わりました。それに伴って、生活者のメディア接触行動も多様化し、より能動的に変化しています。博報堂は博報堂DYメディアパートナーズとともに、生活者発想を活かして媒体社やコンテンツホルダーのパートナーとして、メディアとコンテンツの価値を高めるように組み合わせ、その価値向上に取り組みます。そしてクライアントの課題に対応し、付加価値の高いビジネスを提案することで、新しいコミュニケーションの市場を創っていきます。

スポーツのチカラで生活者と感動を共有

博報堂DYメディアパートナーズでは、国内外の数多くのスポーツコンテンツに携わっています。特に、国内最大のファン人口を抱える野球では、オールスターゲーム、セ・パ交流戦、日本代表「侍ジャパン」等を担当し、生活者と感動を共有しています。他にも、マラソン・駅伝イベント、ゴルフトーナメントや、世界柔道選手権、フィギュアスケート等、そのジャンルは多岐に渡っています。スポーツが本来持っている、ヒトを感動させるチカラや、ファンコミュニティを活用し、クライアントとコンテンツホルダーのマーケティング活動に貢献しています。

© 週刊ベースボール

エンタテインメントを多面的にプロデュース

博報堂DYメディアパートナーズでは、映画、アニメ、音楽・舞台・展覧会等のイベントや韓流エンタテインメントまで幅広い領域で、コンテンツとクライアントのコラボレーション企画を数多く実施してきました。映画やアニメでは権利取得から製作・二次利用まで、イベントでは企画開発から実施運営まで、総合的にプロデュース。生活者の心を動かすエンタテインメントビジネスを、多くのコンテンツホルダーや媒体社と連携して、展開しています。最近の映画作品には「ストロボ・エッジ」や実写版「進撃の巨人」、アニメでは「デュラララ!!×2」、「ガールズ&パンツァー」などがあり、韓国の俳優イ・ビョンホンさんや男性K-POPグループBEASTの日本公式ファンクラブの運営、アイドルグループ「夢見るアドレセンス」のプロデュースも手掛けています。

© 2015映画
「ストロボ・エッジ」製作委員会
© 咲坂伊緒/集英社

博報堂DYメディアパートナーズ メディア環境研究所

デジタルテクノロジーの進展や社会環境の変化に伴い大きく変わるメディア/コミュニケーション環境を捉え、今後のメディアビジネスの機会発見(解釈)とメディアの新たな使い方の提案(創造)を目指します。メディア環境研究所は、「メディアとコンテンツ」を生活者視点から総点検し、テクノロジー、オーディエンス、コンテンツ、ソーシャル、グローバルと幅広い切り口から「未来の兆し」を探索しながら新しい価値を創出しています。

メディア環境研究所フォーラム


  • ホームへ戻る
  • ページトップへ
  • ご利用にあたって
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ
  • 本社地図
  • 各種お問い合わせ
  • 博報堂DYホールディングス
  • 博報堂DYメディアパートナーズ