2011年10月27日

 

2011年10月27日、博報堂セミナールームにて、「『元気がでる中計と社内浸透のカギ』~これからの時代の企業ビジョンと中長期経営計画~」をテーマとした第1回Consulactionセミナーが開催されました。

■セミナー概要

いま経営環境が激変する中、多くの企業から過去の延長線上に組み立てられた中長期経営計画が機能しにくくなっているという相談が多く寄せられてきています。
さらにグローバリゼーションやM&Aに伴い組織のダイバーシティ化も加速しており、中計実現の基盤となるビジョンの社員浸透もますます困難になってきています。
そこで博報堂グループとして、経営領域においてこれまで蓄積した独自のノウハウと実績をベースに、これらの課題をお持ちの企業の経営企画部門の方々に向けてセミナーを開催いたしました。
セミナーでは、現在の経営環境と企業の存在意義の変化を紐解きつつ、いま求められる新しい中計像とその構築のポイントを解説。また、ビジョンを多様な価値観を持つ組織・社員に浸透させるカギについてもご紹介いたしました。

■ご感想より

『現在、策定中の自社の中計が「元気が出る」ものになっているか、確認が出来た。』
『社内浸透の具体的なポイントがわかった』
『全体に伝えるのではなく、誰に伝えるべきか、社内浸透もターゲットが必要だと実感した』

■当日の流れ

15:30~16:30
先行き不透明な時代の元気が出る中計の作り方
株式会社博報堂コンサルティング社長 首藤明敏

16:45~17:45
企業ビジョンをダイバーシティ組織に浸透させるカギ
株式会社博報堂 PR 戦略局統合プラニング二部長 北村親一

17:45~18:00
博報堂グループのソリューションのご紹介
株式会社博報堂 ビジネス統括局ナレッジビジネス推進部長 八木祥和

 

「Consulaction」セミナーのご紹介◆

博報堂がご提供する「Consulactionセミナー」では、企業のイノベーションを創造するためのヒントを、課題ごとにテーマを設け、ご提供しています。ぜひご参加ください。

(今後の開催予定)
博報堂Consulactionセミナー

(終了分)
第2回:『『顧客行動を読む。マーケティング投資効率はここまでUPできる。』〜予算配分を最適化する最新マーケティングROIとCRM〜」
第1回 :『元気がでる中計と社内浸透のカギ』~これからの時代の企業ビジョンと中長期経営計画~

 

Consulaction ™
コンサルティングと、アクションを、ひとつに。博報堂の統合ソリューションのポータルサイト「Consulaction」