博報堂ブランドデザインが東京大学と開催する、大学生のためのブランドデザインコンテスト「BranCo!」

2月11日(土)、東京大学駒場キャンパスにて、BranCo!2017一次予選が開催されました。

会場に集結した大学生は、総勢503名・118チーム。8つの会場に分かれて、1グループあたり5分のプレゼンテーションと質疑応答を行い、博報堂の審査員が審査をします。

審査項目は、「インプット」「コンセプト」「アウトプット」「チームワーク(一貫性)」「プレゼンテーション」の5項目。アウトプットはもちろん、同時にプロセスも評価するのが大きな特徴です。

「大切な人に贈るお守りのブランド」「恩を送るトイレットペーパーブランド」「一日の何気ないハッピーを思い出すための入浴剤ブランド」・・・。

各チーム、テーマ「平和」の解釈や定義はもちろん、アウトプットも実に多様。それぞれが工夫を凝らした設計・アイデア、そしてプレゼンテーションが印象的でした。

最終的に、24チームが3月18日(土)午前中に行われる二次予選に進出することが決定。今後は、各チームに博報堂ブランドデザインのアドバイザーが付き、案をさらにブラッシュアップし、予選に備えることとなります。

参加者からは、「実際にアイデアを組み立て形にする難しさを感じた」「他のチームの発表もじっくり聞くことが出来、非常に刺激的だった」「仲間で取り組むことの醍醐味を感じた」といった声が聞かれました。

本予選会を振り返り、主催の博報堂ブランドデザイン代表・宮澤正憲は、「平和という抽象的で難しいテーマに関して、私達の想像以上に多彩な切り口からアイデアを生み出してもらいました。これから各チームさらにアイデアを磨いていくと思いますので、決勝での企画が楽しみです」と語っています。

★バックナンバー★
・【BranCo!2017・連続企画③】今年のテーマは「平和」。BranCo!2017、キックオフセミナーを開催
・【BranCo!2017・連続企画②】昨年度優勝チームが語る、ブランドデザインコンテストの魅力、そして優勝の秘訣とは?
・【BranCo!2017・連続企画①】ブランドデザインコンテストって、なんですか?