2014年11月13日


子育てに関してさまざまな情報に関心があるママたちは、
テーマごとに違う情報源を駆使して収集。

■ママが子育てに関連する項目で、関心が高い情報は「子どものしつけ」や「発育・成長」だが、積極的に情報収集しているのは「料理レシピ」や「旅行レジャー」。

■子どもの年齢によってスマートフォンの使用用途が異なる。0-3歳のママは、「ネット検索」「写真や動画の管理」「ネット通販」。10-12歳のママは、「ゲーム利用」が高い。

 

2012年10月に設立された「博報堂こそだて家族研究所」は、子どもをもつ家族の消費やライフスタイルについて研究していますが、このたび、こそだて世帯に調査を実施し、ママたちの子育てに関する興味関心項目とその情報源、スマートフォン等の「デジタル情報機器への接し方」をまとめたレポートを作成いたしました。

今回のレポートは2014年1月17日~30日に実施した調査をまとめたもので、長子年齢12歳までの子どもがいるママに、興味関心の高い情報と、その情報源について聞いたものです。

その結果、ママたちが「興味関心が高い情報」と「積極的に情報収集している情報」が違うことが分かりました。興味があっても十分な情報が提供されているかどうかによって活用度が違うと考えられます。また、子どもの長子年齢によって、スマートフォンの使用用途も異なり、0-3歳のママは、「ネット検索」「ブログやSNS」「写真や動画の管理」「ネット通販」が全体より5ポイント以上高く、一方で長子年齢10-12歳のママは、「ゲームの利用」が55.7%となり、全体より7.8ポイントも高いことがわかりました。
こそだて家族研究所では、子育てに関わるテーマや商品ごとの情報収集源を調査をもとに、子育てに関わる行政や企業に提案をしてまいります。

◆調査手法:インターネット調査
◆対象者 :20-40代既婚女性 妊娠中~12歳の同居する子ども(長子)が居る方 n=1079名 (長子年齢で割付)
◆調査エリア :全国                                            
◆調査時期 :2014年1月17日-30日

 

<調査結果ポイント>

 ■ママが興味関心の高い子育て関連項目は 「子どものしつけ」や「発育・成長」。
 一方で、積極的に情報収集しているのは「料理レシピ」や「旅行レジャー」情報。

■興味があるのに、情報収集できていないのは、「子どものしつけ」「歯に関すること」。

6割以上のママが利用しているスマートフォン。スマートフォンの利用頻度は、他の情報機器と比較しても群を抜いて高く、95.3%の人が「毎日複数回」利用。

■ママのスマートフォン使用用途は、1位:メール(95.6%)、2位:通話(94.0%)、3位:ネット検索(85.7%)、4位:写真・動画撮影(84.6%)と、上位4項目の使用方法が、8割を超え、マルチに利用されている。

■長子年齢別ママのスマートフォン使用用途は、0-3歳のママは「ネット検索」「ブログやSNSの書き込み」「写真や動画の管理」「ネット通販」が、全体より5ポイント以上高く、一方で長子年齢10-12歳のママは、「ゲーム」の利用が55.7%となり、全体より7.8ポイント高い。

■テーマによって「情報源」を選択し、上手に使い分けるママたち。

 

レポート詳細はこちら