・東名阪の生活者1500名に尋ねた、毎月の消費意欲
・12月の消費意欲指数=55.6点、欲しいモノ・サービスのある人=40.9%
~今月の消費意欲指数は4月の調査開始以来最高に。クリスマスやお正月などに向け、消費に対して積極的な姿が目立つ~


2012年12月7日

「消費ショートレポート」とは・・・
博報堂生活総合研究所による、毎月の生活者の消費動向を調査したレポート。首都圏40Km圏、名古屋40Km圏、阪神30Km圏の一般生活者に対し、①「消費意欲指数」:モノを買いたい、サービスを利用したいという欲求が最高に高まった状態を100点とすると、あなたの来月の消費意欲は何点ぐらいですか?と、②「欲しいモノ・サービス」:あなたが来月特に買いたいモノ・利用したいサービスはありますか?/それは何ですか?を尋ねたものです。毎月初旬に発表します。

 

<12月の全体概要>

12月の消費意欲指数は、4月の調査開始以来最も高くなりました。男性は4カ月ぶりの50点超え、女性は初の60点超えで、ともに今までの最高値です。消費意欲指数が高い理由としては、「ボーナスが出る」や、「クリスマスなどのイベントやお正月の準備でお金を使う」など年末ならではの理由が多くあげられています。「欲しいモノ・サービスがある人」の割合も先月より大きく伸び40%を超え、具体的にあげられた「欲しいモノ・サービス」の個数も1,555個と、どちらも4月の調査開始以来最多となっています。「モノ」では、「クリスマスグッズやケーキ」「お正月用品・食材」が多くあげられました。また、年賀状作りもあるのでしょうか、「PC」が増えました。「サービス」では、「クリスマス会」「クリスマスのプレゼントを贈る」をあげる人が、子育て世代の30代、40代を中心に多くなっています。また、「旅行」も長い休みがとれる年末年始ということで増えています。

 

1.消費意欲指数=55.6点
(先月の51.8点より3.8点増加)

■消費に対して積極的な理由

「クリスマス会やプレゼント」が20代と子育て世代でもある30代から40代で多くあげられ、クリスマスのイベントで盛り上がる姿がうかがえます。また、「年末だから」という声も多くなっています。お節など「お正月の準備」は女性の年配層で目立ちます。男女ともに「ボーナスが出る」も多くあげられました。

■消費に対して消極的な理由

「年末はお金を使うけれど、その中でできるだけ節約したい」という声が女性で目立ちます。また、男性では「ボーナスが減りそう」「景気不安」という声が聞かれます。女性では、「年明けのセール待ち」という声もあります。

 

2.欲しいモノ・サービスのある人=40.9%
(先月の32.5%より8.4ポイント増加)

■ 「モノ」について

「欲しいモノ」の数は1,162個、7月の1,166個に次ぎ調査開始以来2番目の多さです。女性は705個で今までで最多となっています。「クリスマスグッズやケーキ」「お正月用品・食材」など年末ならではの「モノ」が女性中心に多くあげられました。暖房器具をあげる人が増え、「家電」も増加しました。また、年賀状ソフトなどを含め「PC」関連をあげる人が男性中心に増えました。

 

■ 「サービス」について

「欲しいサービス」の数は393個と、4月の調査開始以来最多となりました。女性は270個と今までで最多です。「クリスマス会」「クリスマスのプレゼントを贈る」といったクリスマス関連のイベントが女性中心に多くあげられました。年配層では「お歳暮を贈る」という声も聞かれます。また、年末年始にかけて長い休みがとれるためか、「旅行」をあげる人も増えました。

 

レポートでは、生活者の生の声、性年代別分析などを詳しくご紹介しています。ぜひご覧ください。

博報堂生活総研 消費ショートレポート12月