「釜山国際広告賞」(8月23~25日開催)で、博報堂が手掛けたグーグル株式会社の「初音ミク」(GoogleChrome)が1つの総合グランプリと、2つのセクショングランプリの栄誉に輝いた他、博報堂グループとしても多数の賞を獲得いたしました。

釜山国際広告賞は今年で5年目を迎える韓国唯一の国際広告賞で、AD STARSの愛称と共にその在をアジアに示しつつあります。9のセクション(プロダクツ&サービス、パブリックサース、エンターテインメント、ブランドプレイスメント、ダイバース・インサイツ、エフェクティブネス、イノベーション、メディア、プレゼンテーション)が設定されており、アジア諸国を中心に幅広いカテゴリーでの応募がありました。

受賞情報の詳細はこちらから