ニュースリリース

博報堂DYグループ、O2Oプラットフォーム 「grabee」(グラビー) 提供開始

・スマートフォンを「振る」という簡単な動作でコンテンツを取得できるO2O(Online to Offline)プラットフォーム
・活用企業は「日時」「場所」「性年齢などの属性」等を指定して、クーポンや動画、スタンプラリーなど様々なコンテンツタイプの情報を配信可能

博報堂DYホールディングス
博報堂アイ・スタジオ
2012年7月30日

博報堂DYグループの横断組織「博報堂DYグループ・スマートデバイス・ビジネスセンター」(以下、スマートデバイス・ビジネスセンター)とグループ企業である株式会社博報堂アイ・スタジオは、スマートフォンを「振る」という簡単な動作でコンテンツを取得できるO2O(Online to Offline)プラットフォーム「grabee」(グラビー)を共同で開発、8月より提供を開始します。

「grabee」を利用するスマートフォンユーザーは、本サービスに対応した店舗・駅のポスターの前やイベント会場などで、専用アプリを起動し、スマートフォンを「振る」ことで、クーポン・楽曲・ゲーム・スタンプラリーなど、様々なコンテンツを取得することができます。複雑な手順を経ずに「振る」という簡単な動作をコンテンツ取得のきっかけとすることにより、外出先からネット情報をよりスムーズに入手することが可能です。対応するスマートフォンは、iPhone、Android端末を予定しています。

また、「grabee」を活用する企業は、専用アプリを起動中のスマートフォンユーザーに向けて、「日時」・「場所」・「ユーザーの性・年齢などの属性」などを指定して様々なコンテンツタイプの情報を配信することができます。スマートフォンを軸にした販促・イベント集客・店舗への誘導など、幅広いマーケティング施策を実施することが可能です。さらに、実施した施策の効果を検証するために、「日時」・「場所」・「ユーザーの性・年齢などの属性」単位でダウンロード件数・ユニークユーザー数を把握することもできます。

サービス活用企業・団体は、流通・小売業、メーカー、自治体、マスコミ、イベント会社、テーマパーク運営会社、スポーツ団体などを想定しています。今後は多数の企業・団体にご活用頂くことで、広く普及を目指して参ります。

 

※「O2O」(オー・ツー・オー) Online to Offlineの略。オンライン(ネットの行動・情報)がオフライン(店舗などでのリアルの行動)に影響を及ぼす、というネットとリアルの連携のこと。近年、スマートフォンの普及を背景に、WEBサイト閲覧をきっかけにした来店行動の促進など、O2Oに関する顧客企業のニーズが高まっています。スマートデバイス・ビジネスセンターでは、O2Oを重要なテーマの一つとして設定し、サービス開発を行っています。

 

【grabee紹介Webサイト】 http://grabee.jp/

ニュースリリース詳細



  • ホームへ戻る
  • ページトップへ
  • ご利用にあたって
  • プライバシーポリシー
  • 特定個人情報基本方針
  • サイトマップ
  • 本社地図
  • 各種お問い合わせ
  • 博報堂DYホールディングス
  • 博報堂DYメディアパートナーズ