ソーシャルメディアに対応したCRM※サービスを米国の大手CRMサービス提供会社ダイレクト・パートナーズ社と共同開発。8月より提供開始。

 2011年07月29日

ツイッター、フェイスブックをはじめとするソーシャルメディアの普及に伴い、企業・商品に対する生活者の口コミがインターネット上で発信される機会が増え、商品の購買に対して大きな影響を与えています。企業が顧客の発信する情報を収集・管理し販促施策の実施に取り組んでいく上で、ソーシャルメディアを積極的に活用していくことが重要となります。

「カンバセーション・ループ」は、CRM分野において博報堂が有する顧客分析力・販促施策提案力と、先進的なCRM業務実績に裏付けられたダイレクト・パートナーズ社の顧客データベース構築力・運用力を結びつけることで実現したCRMサービスです。性別・年齢・商品購買履歴等の一般的な顧客情報のみならず、企業ウェブサイト、ソーシャルメディアにおける顧客の発言に関する情報を加えた、詳細かつ実効的な顧客データベースを作成することができます。

企業はこのデータベースを活用して、ソーシャルメディアにおいて発言を引用される機会が多い顧客に対して、商品に関する口コミ情報の伝播を目的とした試供品を提供したり、顧客のソーシャルメディアにおける発言を踏まえたダイレクトメールや電子メールを送付する等、顧客特性に即した効果的な販促施策を計画・実施することが可能です。

※CRM 【Customer Relationship Management】
顧客データベースを元に、商品の売買、問い合わせ、クレーム対応など、個々の顧客とのやり取りを一貫して管理することにより、企業が顧客と長期的関係を築く手法のこと。

詳細については添付のPDFファイルでご紹介しております。

ニュースリリース詳細