・全国の一般生活者6,000名に尋ねた「地域の暮らしやすさに対する満足度」

・2月上旬調査の結果は66.8点、前回調査(2011年11月、66.7点)より0.1点増加 
東北が地域別指数の過去最低値を記録

2012年4月25日

地域満足指数とは・・・全国の一般生活者6,000名に対し、2月上旬時点で「あなたがお住まいの地域での暮らしやすさの満足度が最高に高まった状態を100点とすると、現在の地域社会に対する満足度は何点くらいだと思いますか?」と質問した結果が、「地域満足 指数」です。今回は2012年第1回目の調査です。次回発表は2012年7月を予定しています。

 

(1)エリア分析:東北が地域別指数の過去最低値を記録

2月上旬に調査した「現在住んでいる地域への満足指数」の全国平均は、前回(11月上旬調査)より0.1点増加し66.8点となりました。
地域別指数をみると、最も高かったのは中国で69.1点、九州・沖縄と東海が続きます。一方、前回最下位を脱出した東北が、3.1点減少の62.6点と再び最下位となりました。全地域でみても過去最低の指数です。全国平均との差も4.2点と前回(1.0点)より拡大、東北の満足指数の低さが目立ちます。
自然、安心、便利さなど20項目で聞いた地域の満足度評価をみると、東北は15項目で過去最低の評価、特に「自然災害の少なさ」は39.9%と前回より17.9%もダウンしました。例年より多かった積雪や、震災から1年という節目を迎えるということも、生活者心理に影響を与えているかもしれません。

昨年5月からの4回の調査の平均値をみると、地域満足指数上位は68点台で北海道、中国、九州・沖縄が、また下位には東北、甲信越がランクされました。満足度評価の項目で各地域の特徴をみると、「自然豊か」を共通として、「自然災害が少ない」北海道と中国、「治安のよい」四国と東北、「水・空気のおいしい」北陸と甲信越、「温和な雰囲気」の九州・沖縄という7地域と、「日常行動に便利」を共通として、「治安のよい」関東、「自然災害が少ない」関西、「人口密度が適度な」東海の3大都市圏、という結果になりました。それぞれの地域の満足度の背景が見えてきます。

 

(2)男女分析:男性が前回比で初の増加。男女差は縮小。

男性の地域満足指数は前回より0.6点増加の65.5点、女性は0.3点減少の68.3点でした。男性は調査開始の5月から8月、11月と2回続けて減少しましたが、今回は初めて前回を上回りました。前回3.7点と拡大した男女差も2.8点と縮まりました。

20項目で聞いた地域の満足度評価をみると、男性全体では1位が「治安のよさ」、2位は「人口密度が適度」でした。「治安のよさ」は調査開始以来4回連続の1位です。また、女性全体では、今回初めて1位に「人口密度が適度」があげられ、過去3回1位だった「温和でやわらかい雰囲気」が2位となりま
した。

男女年代別でみると、男性では50代が67.6点と全国平均を上回りましたが、20代は62.7点と相変わらず低い状態が続いています。女性では調査開始以来3回連続で男女年代別トップだった50代に替わり、30代が69.5点で初めて男女年代別のトップになりました。地域満足度評価の項目をみると、女性の20代、30代で「人口密度が適度」が1位になっています。女性40代と50代では「街の静かさ」が初めて1位にあげられました。男性では全年代で「治安のよさ」が1位となっています。

 

※詳細は下記からご覧ください。
ニュースリリース