2011年06月30日

今年で第58回となるカンヌライオンズ 国際クリエイティビティ・フェスティバル(6月19~25日)で、博報堂と博報堂DYメディアパートナーズが担当した「IWATTE」(岩手日報)がメディア部門の金賞を、博報堂が担当した「SALUTE TRAINER」(海上自衛隊)がPR部門で、「Peace Shadow Project」がデザイン部門でそれぞれ銀賞を受賞しました。
他にも博報堂グループとして5つの銅賞を受賞しており、当フェスティバルで獲得したメダル数としては、過去最多になりました。

当フェスティバルは世界で最も権威ある国際広告賞です。今年から正式名称を従来の「カンヌ国際広告祭」から「広告」を外した「カンヌライオンズ 国際クリエイティビティ・フェスティバル」へと改名しました。ここ数年のコミュニケーションの多様化や、それに伴うカテゴリーが増加する中、「広告」という枠で語りきれなくなってきたとういう判断によるものです。

なお、詳細については添付のPDFファイルでご紹介しております。

ニュースリリース詳細