2011年06月27日

株式会社博報堂DYホールディングスのグループ横断型組織「博報堂DYグループ・スマートデバイス・ビジネスセンター」は、グループ企業である株式会社博報堂アイ・スタジオと共同で、タブレット端末を活用した営業・接客支援ツール「スマートセールス™」を新たに開発し、クライアント向けのサービス提供を開始いたしました。

タブレット端末の発売以降、多くのビジネスパーソンが自らの業務支援用に導入し、企業が営業職の社員向けに支給を行うなど、ビジネスシーンでの普及が進んでいます。しかし、その活用度は個人や企業によってばらつきが大きく、スマートデバイスならではの多機能・高性能を必ずしも最大限に発揮できているとは言えない状況です。

「スマートセールス™」は、タブレット端末の各種機能に、博報堂DYグループのコミュニケーション・プロモーション知見を掛け合わせて開発した、営業・接客支援ツールです。「スマートセールス™」を組み込んだ端末を営業担当者が所持することで、“接客”というビジネス上の最重要シーンを効果・効率的に展開することができます。
販売店やショールームの店頭でも、訪問販売先でも、場所を選ばず、タッチパネル機能や動画・音声・AR(拡張現実)などのデジタル技術を最大活用した魅力的な商品プレゼンテーションが可能です。また、プレゼンテーションを行いながら顧客情報を瞬時に吸い上げ、顧客の気に入った情報による『マイカタログ』 データを自動生成するなどのセールスフォロー機能も搭載しています。

「スマートセールス™」は、利用者向けにカスタマイズされた本体アプリケーションや、顧客データの管理システム、端末本体のレンタルを含め、本サービス導入に必要なすべてをパッケージ化して提供いたします。

<主な特徴>

1) アプリも、管理システムも、デバイス機器も、必要なもの全てをパッケージ化
2) 場所を選ばないリッチプレゼンテーション
3) 接客しながら情報収集=オートアーカイブ機能
4) 収集した顧客情報を生かしたセールスフォロー展開
5) 安心・安全なインフラ環境

なお、詳細については添付のPDFファイルでご紹介しております。

ニュースリリース詳細