・「プラチナシティ・プロジェクト」について協業関係にある三菱総研とともに、スウェコ社を含む3社で連携

・日本国内での統合的都市開発を進め、「プラチナシティ」の実現に向けた活動と市場開拓を推進

 2011年05月26日

博報堂は、スウェーデンの大手コンサルティング会社、SWECOインターナショナル株式会社(以下、スウェコ社)と、環境共生・高齢化対応のまちづくりにおいて、株式会社三菱総合研究所(以下、三菱総研)とともに協業を進めることで合意しました。

博報堂は三菱総研とともに、日本が直面し、かつ21世紀の世界的な課題である地球温暖化と高齢化問題を、まちづくりを通じて解決を目指す「プラチナシティ」開発モデルを提唱してきました。
スウェーデン政府が推進する「環境共生都市(SymbioCity)」の全体計画の策定を担う中核的企業であるスウェコ社は、従来の縦割型のインフラ整備を廃し、統合的都市開発手法を導入することで環境効果を大幅に高めることに成功しており、既にこの手法をスウェーデン国内だけでなく、EU・ロシア・中国等の海外へも広く輸出しています。
地域環境や行政制度の違いはあるものの、スウェコ社が進める統合的都市開発モデルは、博報堂が三菱総研と進めている「プラチナシティ」開発モデルと目的・ 手法において共通部分が多く、また、世界規模で進む地球温暖化・高齢化という課題や、開発途上国・新興国の経済成長を背景とした資源エネルギーの効率的利用という課題を考慮すると、このような統合的都市開発モデルは今後日本のみならず、世界特にアジアにおいても大きなニーズがあると考えます。

今回の合意を受け、博報堂は「プラチナシティ・プロジェクト」について協業関係にある三菱総研とともに、スウェコ社を含む3社で連携し、まずは日本国内での統合的都市開発を進め、「プラチナシティ」の実現に向けた活動と市場開拓を進めてまいります。

詳細については添付のPDFファイルをご覧ください。

ニュースリリース詳細