博報堂生活総合研究所では、生活者の意識や行動の変化から将来の価値観や欲求の行方を予測するため、同じ条件の調査地域・調査対象者に対し、同じ質問を繰り返し投げかける時系列観測調査「生活定点」を、1992年から2年に一度実施しています。このたび新たに2018年調査を実施いたしました。
本リリースでは2018年に“過去最高”・“過去最低”を更新した主な項目についてご紹介いたします。1992~2018年=平成初期から終わりにかけての調査データの推移からは、旧来の考え方にとらわれない意識や行動を示しはじめた生活者の様子が見えてきました。

また、2018年調査を受け、「生活定点」調査の26年間・約1,400項目におよぶデータを無償公開するWEBサイトも10月1日よりアップデートいたしました。データ分析が身近でない方にも、意外な発見や発想のヒントを得ていただきやすい各種コンテンツもご用意しています。

1. 2018年に“過去最高”を更新した主な項目 ※数値は2018年調査の結果。カッコ内は質問開始時点からの差

■働き: 女性の上司のもとで働くことに抵抗はない__69.8% (+36.3pt)
■消費・お金: クレジットカードを使うことに抵抗はない__58.7% (+30.7pt)
■情報: 情報は自分で検索しながら手に入れたいと思う__32.3% (+10.3pt)
■恋愛・結婚: 外国人と結婚することに抵抗はない__29.3% (+9.1pt)
■交際: 人づきあいは面倒くさいと思う__32.0% (+8.8pt)
■働き: キャリアアップのためには、会社をかわってもかまわない__48.3% (+7.1pt)
■暮らし向き: 睡眠時間を増やしたい__60.0% (+5.8pt)
■食: コンビニの食品は私の食生活には必要だと思う__20.4% (+5.8pt)

2. 2018年に“過去最低”を更新した主な項目

■贈答: お歳暮は毎年欠かさず贈っている__27.3% (-34.5pt)
■社会意識: 貿易の自由化は賛成である__20.1% (-28.0pt)
■食: お米を1日に1度は食べないと気がすまない__47.9% (-23.5pt)
■消費・お金: 普及品より多少値段がはってもちょっといいものが欲しい__30.6% (-22.8pt)
■恋愛・結婚: いくつになっても恋愛をしていたいと思う__29.3% (-20.6pt)
■遊び: 家の中よりも、野外で遊ぶ方が好きだ__25.5% (-19.9pt)
■衣: 自分はおしゃれなほうだと思う__12.9% (-9.8pt)
■暮らし向き: 電車がくるのを待っている時間にイライラする__68.0% (-6.7pt)

__

<「生活定点」調査概要>
【調査地域】 首都40km圏(東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県、茨城県)、阪神30km圏(大阪府、京都府、兵庫県、奈良県)
【調査対象】 20歳~69歳の男女 2015年 国勢調査に基づく人口構成比(性年代5歳刻み)で割付
【調査人数】 3,080人(2018年・有効回収数)
【調査時期】 1992年から偶数年5月に実施 (最新調査は、2018年5月16日~6月15日)
【調査方法】 訪問留置法
【設計・分析】 博報堂生活総合研究所
【実施・集計】 株式会社 H.M.マーケティングリサーチ

__

調査レポートはこちら

「生活定点」Webサイトはこちら