2月末に調査した2011年3月の消費意欲は、先月から1.2ポイント増加し、50.9点でした。

・前年同月比は0.8ポイント増加。

・増加幅は縮小したものの14ヶ月連続で前年超え。

 2011年03月25日

■「消費意欲指数」は、月別の消費を占う先行指標データです。 

2月末時点(東北地方太平洋沖地震発生以前)で、博報堂生活総合研究所の調査パネルである一般生活者415名に対し「消費意欲(モノを買いたい、サービスを利用したいという欲求)が最高に高まった状態を100点とすると、あなたの2011年3月の消費意欲は何点ぐらいでしょうか?」と質問した結果が、「3月の消費意欲指数」です。

■ 2月末に調査した2011年3月の消費意欲指数は先月から1.2ポイント増加、50.9点でした。 

2月末に調査した2011年3月の指数は先月比が1.2ポイント増加、前年同月比が0.8ポイント増加の50.9点でした。1月、2月に比べ前年同月に対する増加幅がやや縮小しましたが、前年超えは14ヶ月連続となりました。

■ 男性の回復が順調、女性は4ヶ月ぶりの前年割れ。 

男女別の指数をみると、男性は先月比1.4ポイント増加、前年同月比2.2ポイント増加の46.9点。今月も前年に対する増加幅が大きく、前年超えは 9ヶ月連続となりました。女性は先月比1.1ポイント増加、前年同月比0.5ポイント減少の55.0点で、4ヶ月ぶりの前年割れです。

 

<今回の調査をもって現行の調査設計に基づく消費意欲指数の調査を終了します。>
 博報堂生活総合研究所は、1993年4月より、翌月の生活者の消費動向を占う「消費意欲指数」の測定を開始しました。その後、約18年に亘って同一調査設計に基づく継続した月次調査を行い、消費意欲の推移を定点的に観測して参りましたが、今回の調査をもちまして現行の調査設計に基づく調査を終了する運びとなりました。何卒ご了承いただきたく、お願い申し上げます。

 

なお、詳細については、添付のPDFファイルでご紹介しております。

ニュースリリース詳細