コト消費を中心に、季節消費への意欲が高まるも
実際の消費につながるかは暑さ次第か

株式会社博報堂(本社・東京)のシンクタンク博報堂生活総合研究所は、20~69歳の男女1,500名を対象 に「来月の消費意欲」を点数化してもらうなど、消費の先行きに関する調査を毎月実施。その結果を「来月の消費予報」として発表しています。

9月の消費意欲指数は46.4点。前月比-3.7ポイント、前年比+1.0ポイントと、ほぼ前年並みとなりました。

Point 1:シルバーウィークが好機。ただし、暑さがネックに

9月の消費意欲指数は、長期休暇やイベントの多い8月に比べると意欲が低下する月です。今年は、9月としての最低値となった前年からほぼ横ばいとなりましたが、意欲が高まる兆しも見えています。

消費意欲指数の理由(自由回答)を見ると、季節的に外出や買い物の機会が増えそうといった季節消費への意欲を挙げる声が増加しています(17年9月85件→18年9月97件)。また、特に買いたいモノ・利用したいサービスの内訳を見ても、「旅行」が前年比+23件となったほか、「外食」(前年比+18件)、「レジャー」(前年比+17件)でも20件近い増加となりました。前年はシルバーウィークにあたる休日が3連休1回だけだったのに対し、今年は3連休が2回となったことも、コト消費への意欲の高まりに影響していそうです。

ただし、「暑い季節は出かけたくない」(17年9月23件→18年9月57件)も前年から倍増。意欲の高まりが実際の消費につながるかは、天候次第といえそうです。

Point 2:暑さへの懸念は女性層で色濃い

消費意欲指数を男女別に見ると、男性では45.0点(前月比-2.6ポイント)となったのに対し、女性は47.9点(前月比-4.8ポイント)と、前月からの落ち込みが大きくなりました。また、特に買いたいモノ・利用したいサービスについても、男性では「旅行」「レジャー」「書籍・エンタメ」「ファッション」の4項目において前年から20件以上の増加となったのに対し、女性はほぼすべての項目で前年からマイナスとなっています。理由としては、前述の「暑い季節は出かけたくない」という声の増加は女性によるところが大きく、暑さによる影響が女性層で色濃く表れていることが挙げられます。

■ 質問項目(質問文)

[消費意欲指数]
消費意欲(モノを買いたい、サービスを利用したいという欲求)が最高に高まった状態を100点とすると、
あなたの来月(9月)の消費意欲は何点くらいですか。(自由回答)
また、あなたがその点数をつけた理由をお答えください。(自由回答)

[特に買いたいモノ・利用したいサービス]
あなたが来月(9月)、特に買いたいモノ・利用したいサービスはありますか。(単一回答:ある/ない)
特に買いたいモノ・利用したいサービスとは何ですか。(複数回答)