大学生・大学院生による、“2030年の社会”を想定したアイデアを選考

~増田寛也氏、中村拓志氏らの審査を経て、受賞5チームが決定

 2011年03月10日

 株式会社電通(本社:東京都港区、社長:髙嶋達佳)と株式会社博報堂(本社:東京都港区、社長:戸田裕一)は、昨年9月に両社で共同設立した産学連携ラボ『MIRAI DESIGN LAB.』(以下 MDL.)の第一弾の活動として開催した「MIRAI DESIGN AWARD 2030」の受賞者を決定しましたのでお知らせいたします。

「MIRAI DESIGN AWARD 2030」は、全国の大学生・大学院生から“2030年の社会”を想定したアイデアを募り、その構想力やアイデアの新しさ、実現性といった観点から受賞作品を選考するものです。選考には、大学教授やMDL.メンバーの他、特別審査員として増田寛也氏(東京大学公共政策大学院 客員教授)、中村拓志氏(建築家)をお迎えし、合計40作品の中から厳正なる審査を経て、受賞5チームを決定いたしました。

 

受賞作品 (エントリーNo.順)
広告医学が拓く、新たな医療のカタチ / 横浜市立大学 医学部医学科
「The Eggs」: 武部貴則、竹内一朗、鈴木オリエ
信任貨幣(Confidence Currency )/ 東京大学大学院 学際情報学府
「Team コモンズ」: 天野彬、山岸拓也、工藤尚弥
Moira Mirror ~未来のための健康リマインダーシステムの提案/ 早稲田大学大学院 国際情報通信研究科 マルチメディアサイエンス分野
「Team_NRK」: 徐子雁、張伊雯、張棋翔
未来に灯りを灯す / 九州大学 統合新領域学府 ユーザ感性学専攻
「灯り」: 水上郁太郎、亀井昴、姉川伊織
ノマドパスポート -NOMAPO- / 慶應義塾大学 総合政策学部 総合政策学科
「ジャック・サカイ」: 小川慶大、飯田麻友、仲川孔望

 

なお、詳細については、添付のPDFファイルでご紹介しております。

ニュースリリース詳細